asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山宿泊] 釜山ロッテホテル、400億ウォンで客室リニュ-アル - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > House
twitter    facebook       max min print
釜山ロッテホテル、400億ウォンで客室リニュ-アル
[Write date]  2010-11-10 오후 3:56:47

釜山の中心地、西面にある釜山ロッテホテルが28~30階、合わせて96室の客室のリニュ-アル作業を完了し、本格的な営業を開始した。

世界的なホテルのインテリア会社「Wilson&Associates社」が設計に参加した今回の高級化作業には、約70億ウォンの予算を投入。

インテリアは全体的にモダンで洗練されたスタイルに改修された。部屋の中には、消音タイプの冷蔵庫や最先端案内情報システムなどが設置された。客室には釜山の昔の写真を掛け、廊下の壁には油絵の作品を展示してギャラリーの雰囲気を演出した。

「ハイ・デラックス」という名前の付いた3つのフロアは、高級化によってほかのフロアとの差別化を図った。

これに先立ち、ホテル側は130億ウォンをかけて31~35階のフロアーも、コンベンションなどに参加するビジネスマンを狙ってリニューアルした。

ホテル側は客室高級化作業の完了を記念して25~26日の両日、大阪と福岡にある20社の旅行会社の関係者を招待してホテルと近隣の観光地を紹介するツアーを実施した。

釜山ロッテホテルは、現在総400億ウォンを投入して部屋の改修工事を進めている。来年に予定された14~27階の工事完了と共に、改修作業がすべて完了する。

ホテル関係者は「今年2月に赴任した李東浩代表が『脱釜山』宣言と共に、国際化を継続的に推進するという経営目標を立てて変化を加速させている」と述べた。

釜山ロッテホテルは地上43階で760室の部屋を運営。2002年アジア競技大会本部ホテルと2005年のAPEC首脳会議のメーンホテルの役割を担った。








[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.