asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 磯の旨みが口いっぱいに・・・牡蠣ジョン - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
磯の旨みが口いっぱいに・・・牡蠣ジョン
[Write date]  2011-10-20 오전 11:11:34

釜慶大学の正門前から地下鉄の駅方面とは反対側に少し歩いたところに「향토집 굴국밥(ヒャントチッ クルクッパッ)」という食堂がある。牡蠣のクッパッ、揚げ物、生牡蠣(冬期のみ)など、牡蠣を使った料理が自慢の店だ。

一番人気のメニューはクル(牡蠣)クッパッ。辛い味と辛くない味がありいずれも6,000ウォンだ。辛い料理を好む韓国人でも、このクルクッパッは牡蠣そのものの味を楽しみたいからだろうか、辛くない味を注文している人の方が多いようだ。たっぷり入っている大粒の牡蠣は、身がふっくらしていて美味。豆腐や卵も入っている。牡蠣好きにはたまらない一品だ。

他に、テグタン(タラのスープ=8,000ウォン)もおいしい。クルクッパッと同じく、辛い味と辛くない味がある。タラの白い身がたっぷり入っており、セリの香りが味のアクセントになっている。スープはいいダシが出ていて後を引くおいしさだ。

クルクッパッもテグタンもおいしいのだが、この店で特におすすめしたいのがクルジョン(10,000ウォン)だ。卵の衣を丸く鉄板に広げ、そこに大粒の牡蠣を1つのせ、衣で牡蠣をサンドするように二つ折りにして焼いている。きれいな半月形のジョンには、おいしそうな焼き色がついており食欲をそそる。

レモンを絞り、醤油ベースのソースにつけていただく。口に入れた瞬間は卵の優しい味が、そしてかむほどに牡蠣の旨みがじんわりと口の中に広がる。滋味あふれる味わいで、日本人の口にもよく合うと思う。

食事として食べるならクルジョンだけでは少し物足りない。数人で店に行き、おのおのクルクッパッやテグタンなどを注文した上で、クルジョンを1皿みんなで分け合って食べる、というぐらいがちょうどいいだろう。または、お酒のおつまみにもピッタリだ。釜山=牧野 美加

향토집 굴국밥(ヒャントチッ クルクッパッ) 대연(大淵)本店
釜山市南区大淵3洞561-1
(051) 627-9985
부경대(釜慶大)正門から横断歩道を渡り、左へ徒歩2~3分






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.