asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] おかずがテーブルを埋め尽くす鴨肉専門料理店 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
おかずがテーブルを埋め尽くす鴨肉専門料理店
[Write date]  2011-07-01 오전 10:52:27

韓国は鴨肉専門料理店が日本に比べるとかなり多く、値段も手ごろなので日常的に鴨肉をよく食べる。鴨肉は弱アルカリ性で身体に良い食品とされる。特に、身体を温める作用のある硫黄を食べさせて育てたユファンオリ(硫黄鴨)は、骨や筋肉を強くする効果もあるそうだ。広安里ビーチの端、民楽刺身センターから歩いてすぐのところにある「ハナムゴル」は、この硫黄鴨を使った鴨肉料理専門店。鴨のおなかの中に具材をつめて蒸し上げた「オリチム」(65,000ウォン)や、鴨肉のスープ「オリタン」(55,000ウォン)、鴨肉の燻製(50,000ウォン)、プルコギ(50,000ウォン)など、さまざまな料理方法で鴨肉のおいしさを堪能することができる。

しかしこの店の特徴は、おいしい鴨肉料理だけではない。20~30種類にものぼるパンチャン(おかず)の数だ。韓国の食堂では、注文した料理以外に無料のいわば“サービスのおかず”が出てくることが普通だ。店によっておかずの種類や量は異なるが、どの店も無料であることとお代わり可能であることは共通。中には、このパンチャンとご飯・スープだけで充分立派な食事になるほど、パンチャンの量・種類が多い店もある。この店もそのひとつ。“テーブルに並びきらないほど”という表現があるが、この店は文字通り並びきらずお皿の上にお皿を重ねるようにして並べることも。これだけ並ぶと圧巻だ。どのおかずも白い器に彩りよくおいしそうに盛り付けられている。


おかずばかりに気をとられていると、おなかにメインの鴨肉料理が入るスペースがなくなってしまうのでご注意を。燻製は香ばしい香り、ほどよい弾力、しっとりした食感が絶妙。どんどん箸が進む。「オリチム」も人気料理だ。釜山=牧野 美加

ハナムゴル
釜山市水営区民楽洞181-56
(051) 754-1515 / 757-2999
30・50・100席団体席完備






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.