asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 韓国人に愛される“春のメイタガレイ”と“秋のコノシロ” - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
韓国人に愛される“春のメイタガレイ”と“秋のコノシロ”
[Write date]  2011-03-28 오전 10:31:42

韓国では「ポム トダリ」、「カウル ジョノ(銭魚)」という言葉がある。それぞれ「春のメイタガレイ」、「秋のコノシロ」だ。サムギョプサルやプルコギなど肉類もよく食べる韓国人だが、魚介類もよく食べる。数々ある魚のうち、特に旬のおいしい時期に好んで食べられるのが春のメイタガレイと秋のコノシロというわけだ。今年もそろそろメイタガレイの時期だ。ちなみに韓国には、「コノシロを焼く匂いにつられ、出て行った嫁も戻ってくる」という諺があるほどだ。

 

メイタガレイは釜山に数多くある刺身屋でももちろん食べられるが、魚市場に並ぶ生簀の中からこれぞと思う魚を選び、その場でさばいてもらったものを併設されている食堂や屋台で食べるのもおすすめだ。「メイタガレイを2万ウォン分」などと言えば、予算に見合った量を生簀からすくい出してくれる。

 

日本で刺身といえばわさび醤油だが、韓国では随分違う。真っ赤なチョジャン(コチュジャンと酢を混ぜ合わせたもの)や味噌をつけ、エゴマの葉やサンチュなどで包んでいただく。好みでニンニクも一緒に包んで。

 

写真右がメイタガレイで、左はアナゴ。アナゴは遠くから見るとまるでご飯粒のように見えるほど細かく刻まれている。同じくチョジャンや味噌とともにサンチュなどに包んでいただくのだが、小骨がついたまま刻まれているので小骨の食感が残る。日本人にはなじみのない食感だが、韓国人にとってはこの小骨の食感も刺身のおいしさの重要な要素の一つなのだそうだ。メイタガレイはアナゴのようにみじん切りにはされていないが、同じく小骨の食感はある。

 


日本で人気のトロなどの赤身は韓国ではあまり好まれず、刺身店や寿司店などでも見かけることは少ない。柔らかすぎるその食感が苦手なのだと聞いたことがある。口の中でとろけるような食感を好む日本人と、小骨が残っているぐらいの硬い食感を好む韓国人。海一つ隔てただけの隣同士の国でも、刺身の好みがこれほど違うというのも面白い。

 

また、新鮮な刺身を堪能したら最後にメウンタン(魚介類を煮込んだ辛いスープ)を食べるというのも、韓国では一般的なスタイルだ。刺身をさばいたときに出たアラも入っている。

韓国では魚介類を使う料理は、生臭さを消すために他の料理より辛さを強くすることが多く、日本人にとってはダシの旨みより辛さの方が強烈に感じられるかもしれない。韓国式の刺身やパンチのきいた辛さのメウンタン、日本とは違った魚介類の楽しみ方を是非一度お試しあれ。釜山=牧野美加





[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.