asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 智異山の高地で育てた黒豚の焼肉 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
智異山の高地で育てた黒豚の焼肉
[Write date]  2011-02-23 오후 2:26:57

韓国で焼肉料理といえば牛肉・豚肉・鴨肉などが挙げられる。中でも気軽に食べられる豚肉を日常的によく食べる。「智異山(チリサン)」という名前では、豚肉は豚肉でも黒豚を使っていることで有名だ。智異山と尚南道全羅北・南道境目あたりに位置する標高1916mだ。


この
店で豚肉鴨肉焼肉がおいしいと評判だが、豚肉は智異山黒豚を使っているのだそうだ。智異山標高650720mあたりでてた700というブランドの黒豚だ。黒豚といえば済州島有名だが、智異山産地だとはらなかった。


700160g5000w使うのは鉄板ではなくトルパンとばれるられている。このをコンロの傾斜をつけて設置するので、になったから余分ちるようになっている。



豚肉と一緒にキムチやモヤシも焼いていく。キムチもモヤシも焼いたものをそのまま食べてもよし、豚肉と一緒にサンチュなどに包んで食べてもよし。とてもおいしい。700豚」はとても柔らかくジューシーで、豚肉特有の臭みも全くない。黒豚を食べたのはこれが初めてだったが大変気に入った。



豚肉を包むのはサンチュ、エゴマの葉、生の白菜のほかに、白菜の一種らしい葉のキムチ(▼)も。ほどよい酸味があり、焼きたてアツアツの豚肉を一緒に食べると実によく合う。ニラの和え物も豚肉を引き立てる名脇役だ。なくなるとすぐおかわりを持ってきてくれる。



おいしい黒豚にどんどん箸が進む。締めはご飯とテンジャンチゲ。テンジャンチゲは先ほどまで肉を焼いていたトルパンの上に乗せてくれるので、最後までアツアツでいただける。テンジャンチゲもとてもおいしく、これまたご飯が進む。1つの鍋から各自のスプーンを使って直接食べるのが韓国式。



店のおばさんもとても親切。ニコニコ笑って愛想も良く、サービスも良い。そして何より料理の腕が良いのが嬉しい。釜山=牧野美加


智異山(チリサン)

釜山市釜山鎮区楊亭2271

(051) 865-9192






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.