asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 月見の丘で韓定食「トゥルアレチェ」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
月見の丘で韓定食「トゥルアレチェ」
[Write date]  2011-01-26 오후 3:22:05

韓定食を食べられる店はたくさんあるが、中でも美しい海の景色を眺めながら食事を楽しむことができるこちらの店はいかがだろうか。海雲台タルマジコゲ(月見の丘)の高台にある「トゥルアレチェ」。店名は「離れ屋・別棟」という意味の韓国語だ。海雲台や冬柏島、広安大橋や遠く五六島まで望むことができる。


ここは本格的な韓定食料理の店とあって、結婚式の後の食事会や、親戚一同が集まって会食したりするのにも利用されるらしい。ちょうど店の前には、お揃いの韓服を着た若夫婦の姿を見かけた。


通された
2階の部屋は周りがガラス張りになっており、一面に海を見渡すことができて非常に眺めが良い。メニューはランチ特選は15,000ウォン、夕食時には25,00050,000ウォンといくつかのコースがある。この日は25,000ウォンのコースを注文。韓服を着た店員さんが、美しく盛り付けられた料理の数々を次々と運んできてくれる。


まずは目にも鮮やかなクジョルパン(九折坂)風の前菜。クジョルパンは8種類の具を小麦粉・卵で作った薄皮で包んでいただく料理。ここでは具は6種類だが、豪華で食卓が一気に華やかになる(左)。写真右側は昔、小麦粉が高価でふんだんに使えなかったときに、とうもろこしの粉などを使って作ったというお餅「スストッ」。中にあんこがはさんである。



茹で豚肉とキムチは一緒に食べると相性抜群だ(左)。酢豚の豚の代わりに魚を使った料理。甘酢が美味(右)。




窓からの絶景を眺めながら、次々と運ばれてくる料理に舌鼓を打つ。15種ものメニューが出てくる。一般的な韓国の食堂で食べるよりも値段が高い分、手の込んだ料理で楽しませてくれる。



これらの品々に続いてご飯とチゲが供される。クルビ(イシモチの干物)をはじめ、小皿のおかずが少しずつ。ご飯は雑穀入り白米だ。


そしてデザートは、テチュ(ナツメ)のスライスをまぶした一口サイズのお餅と、スジョングァ(水正果=煎じた生姜汁に蜂蜜や砂糖を入れ、松の実やニッケなどを加えて冷やした飲み物)。



韓定食をいただくと、料理は目でも楽しむものだということをあらためて実感する。またどういう雰囲気の場所で食事をするかによっても、おいしさがまた違ってくるだろう。開放的な雰囲気の中いただく韓定食はまた格別だった。また料理の内容こそ違うが、少しずついろいろな料理をいただいて最後にはご飯と汁物が出るというスタイルは、日本の会席料理にも似ている。国は違えど客をおもてなしする側の心も同じなのだろう。釜山=牧野 美加


トゥルアレチェ

釜山市海雲台区中洞15029番地

(051)744-0125






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.