asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 鶏丸ごと一羽 「明洞 タッカンマリ」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
鶏丸ごと一羽 「明洞 タッカンマリ」
[Write date]  2010-12-14 오후 4:04:57

韓国には、参鶏湯(サムゲタン)、タッカルビ、チムタッ、フライドチキンなどをはじめ、おいしい鶏肉料理が多い。そんな中でもソウルではポピュラーなメニューである「タッカンマリ(鶏一羽)」 という料理は、釜山ではまだあまり見かけないのだが、これが実においしい。

釜山市南区庁の近くにある「ミョンドン タッカンマリ(明洞 鶏一羽)」という店では、その「タッカンマリ」(15,000w)がいただける。メニューはタッカンマリの他にもタットリタン(鶏肉のスープ料理)、サムゲタン、カルククスなどがある。

タッカンマリとはその名の通り、鶏を一羽丸ごと使った料理。テーブルに運ばれてきたのは、あちこちにボコボコとへこんだ跡があって年季を感じさせる、まるで大きな洗面器のような器。持ち手がないので、本当に洗面器かタライのように見える。中には、メニューの名前どおり 「鶏が一羽」 とスープ・その他の具材。殻つきのアワビと朝鮮人参も入っている。

鶏はテーブルに運ばれてくる前に、すでに丸ごとのまま煮てほぼ火が通っているようだが、テーブルの上でおばさんが切り分け、その後コンロの火をつけてしばらく煮ることで中まで完全に火が通る。キッチンバサミで豪快にぶつ切りにしてくれる。火が通りやすいよう、また食べやすいように肉に適度に切り込みも入れてくれる。実に慣れた手つきだ。

洗面器のような鍋にフタをしてぐらぐら煮て、食べごろになったところ(▼)。

店のおばさんが、「うちはスープがおいしいから飲んでみて」 とおっしゃいながら、お皿に注いでくれたスープは本当においしかった。なんとも言えない滋味あふれる味だ。テーブルには各自好みの味に整えられるように岩塩も運ばれてきているのだが、このスープはもうこれ以上何も手を加えなくても、いや、何も手を加えない方がおいしいと思う。

いいおだしが出ていてコクがありつつもさっぱりしていて、お皿のスープを飲み干してもまたすぐ飲みたくなるような、後を引くおいしさだ。

おばさん曰く、この店ご自慢のスープはいろいろな材料を使っているのだそうだ。例えばどんなものを使っているのかと尋ねる私に、「オムナムでしょ、何とかでしょ・・・」 と。オムナムとは初めて聞いたのだが、日本語でハリギリ(針桐)という植物だそうで、おばさんが 「あれのことよ」 と指し示してくれた先にあったのがこちら(▼)。

その名の通り、針のような鋭いトゲが無数についている。この木の芽はタラの芽に似た形で、タラの芽同様 山菜として食用にされるのだそうだ。他にもスープには身体にいいものがたくさん入っているのだと、笑顔で教えてくれた。

さて、鶏・ジャガイモ・カレトッ(白い棒状のお餅)などの具は、このタレ(▼)につけていただく。醤油や酢・ニンニクのすりおろし・コチュジャン・ニラ・青唐辛子などの自家製タレ。よく混ぜていただく。鶏やジャガイモのあっさりした味に、しっかりした味のタレがよく合う。青唐辛子を口に入れてしまわなければ、辛くはない。

鶏肉の脇役は、こちら(▼)。キムチ・カクトゥギ・青唐辛子・ニンニク・タマネギ・鶏の砂肝。どれもおいしいのだが、中でもキムチはどちらかというと日本の白菜漬けのようなお味。辛くなくて、程よい塩加減とシャキシャキの歯ざわりがおいしくて、どんどん箸が進む。

鍋の中の具をすっかりいただいたら、うどんを入れて食べるか、またはご飯を入れて雑炊風にすることもできる。私たちはサリ(麺)を1人分(1,000ウォン)だけ入れてもらっていただいた。うどん麺は平たい麺で、しこしことコシが強くて私好みだ。おいしいおいしいスープも一緒に、ぺろりといただいた。釜山=牧野 美加

ミョンドン タッカンマリ
釜山市南区大淵2洞 1764-4
(051) 636-2834






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.