asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 真心のこもった味、東莱イェウォン韓定食 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
真心のこもった味、東莱イェウォン韓定食
[Write date]  2018-12-14 오후 12:06:55

▲東莱区明倫1番街のイェウォン韓定食のスラサン。化学調味料を使わず、天然発酵のエキスを使って味を出している。


釜山市東莱(トンネ)区明倫1番街に位置する「イェウォン韓定食」は、味と形式の両方を兼ね備えた店だ。

店で出されている料理に使われる農産物は、基本的に全て韓国産だ。米は全羅北道(チョルラプクド)の金提(キムジェ)市から、野菜類は慶尚南道(キョンサンナムド)の金海(キメ)、豆や小豆などは江原道(カンウォンド)から仕入れたもの。その他にも、店主こだわりの食材が韓国の各地から集まる。また、料理に使う梅のエキスは自家製のカメで寝かせたもので、熟成は食堂が入るビル3階の倉庫でされている。店主のチョ・ハンシク氏は「"私たちの料理は栄養剤のような役割”かつ、”おふくろの味を提供しよう”が店のモットー」と話した。

店のメニューはランチ限定メニュー、スラサン、イェウォンサン、チャンスサンなど。「サン」は韓国語でお膳の「膳」にあたる。ランチ限定メニューでは、クラゲの酢の物、サラダ、エイの和え物、松の実や銀杏など栄養豊富な食材と米を炊いたヨンヤンパッ(栄養ご飯)、豚肉のプルコギ、チヂミ、ワカメスープ、揚げ物などで構成されている。ここにキムチなどの各種おかずが加わる。スラサンはここにタコ(夏季限定)、スモークした鴨肉、寿司、サーモンサラダ、カルビチム(牛カルビの煮込み)、ウナギなどが加わる。

料理を味見してみると、店主のモットーである「おふくろの味」のような、どこか懐かしい味が感じられた。カルビチムは程よい塩加減で噛み応えがあり、スープ類のメニューの一つ「タラスープ」は、後味があっさりしていて飲みやすい。

チョ代表は「店を始めてから、お客様にいいものを提供したいという思いでやって来た。お客様にいつも良心的でおいしいものをご提供できるよう、今後も努力を続ける」と話した。

イェウォン韓定食/釜山市東莱区サムソンテギル22
電話番号:051-556-1155
ランチ限定メニュー(2人以上)1万3千ウォン、チャンスサン(2人以上)1万6千ウォン、イェウォンサン(2人以上)2万5千ウォン、スラサン(1人)3万5千ウォン。※値段はそれぞれ1人当たりのもの(スラサン以外)。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.