asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] ワカメスープ専門店「五福ミヨッ」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
ワカメスープ専門店「五福ミヨッ」
[Write date]  2014-12-01 오전 10:36:37

南川(ナムチョン)洞の海辺市場(ヘビョンシジャン)の近くに、ワカメスープ専門店ができた。OPS横の路地を入ったところだ。

韓国ではワカメスープを誕生日に食べる習慣があるほか、体力回復のため産後の女性が毎日(毎食)食べたりと、いろいろなシーンで登場する。特別なときだけでなく日常的にもよく食べられる。

食堂で定食の汁物として出てくることも多いが、ワカメスープを主役にした店は釜山ではまだ珍しい。店の名前は「오복미역」(オボンミヨッ)。店先のショーウィンドーには料理の見本が展示されており、なかなかおいしそう。ワカメスープの定食は2人以上で注文すると焼き魚がついてくるとのこと。

店内には中高年の客を中心に賑わっていた。やはりこういうメニューは若い人より中高年層に好まれるのだろう。ワカメスープは、カレイ入りのもの(1万ウォン)と、アワビ・カレイ入りのもの(1万5千ウォン)の2種類。他にアワビ料理(焼き・刺身・粥)もある。

カレイ入りのワカメスープは、大ぶりのトゥッペギにたっぷりのワカメスープと、焼きサンマ、おかず類が並ぶ。おかずは食べ残しを減らすため少なめに盛りつけてあるそうだ。もちろん足りなければお代りできる。最近、こういうスタイルの店が増えてきた気がする。

ワカメスープに入っているカレイはけっこう大ぶり。韓国でワカメスープというと牛肉と一緒に煮ることが一般的のようだが、釜山のような海に近い地域では白身魚や貝を入れることも多い。スープにはエゴマのパウダーも少し入っている。コクがあっておいしい。ワカメもたっぷりだ。

サンマはふっくら焼きあがっており、醤油ベースのタレがおいしさを引き立てている。

おかずも含めてどれも優しい味わいで、胃腸にも負担をかけないメニューだ。ミネラルも豊富で消化もよさそう。胃腸が疲れたときなどにもぴったりの料理だ。釜山=牧野美加

오복미역(五福ミヨッ)南川店
釜山市水営区水営路388番ギル41(旧住所表記では水営区南川洞217)
(051) 627-8085
地図→http://map.konest.com/dloc/501239/282909/12?pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.