asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 30年以上メニューは一つ「トンへムルフェ」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
30年以上メニューは一つ「トンへムルフェ」
[Write date]  2014-11-05 오전 10:50:50

地下鉄1号線の中央駅から歩いて数分のところに、創業30年を超える老舗のムルフェ専門店がある。名前は「トンヘムルフェ」。店の路地の入口にある赤い立て看板が目印(▼)。この奥に店がある。細い路地にあるためあまり目立たないが、そのおいしさが評判でたくさんの客が訪れる人気店だ。

韓国の食堂は、派手な看板や、テレビで取り上げられたことを誇る写真パネルなどを店先にかけているところが多いが、この店は看板も小さく、シンプルで控えめな外観。看板がなければ食堂には見えない。

店の建物は最近、リフォームされたようで新しい雰囲気だが、立派な木製の机と椅子が歴史を物語っていた。磨き上げらてピカピカだ。

メニューはただ1つ、ムルフェ(10,000ウォン)のみ。30年以上、ムルフェ一筋で勝負してきた店だ。ムルフェにはご飯とモヤシスープもつく。ご飯は一見、普通の量に見えるが、一般的なものより深い容器に入っているので、量はけっこう多い。

ムルフェは地域や店によってバリエーションがあるが、この店のは氷水やだし汁をかけないスタイル。刺身の上に梨・きゅうりの千切りを乗せ、さらにコチュジャンとつぶしたニンニクがたっぷりトッピングされている。

壁には「酢2さじ、砂糖1さじを入れて、よく混ぜてください」という説明書きがある。酢や砂糖は各テーブルに用意されているので、書かれてある分量通り加えてよく混ぜる。

そのままいただいてもよし、サンチュやエゴマの葉にニンニクと一緒に包んで食べてもよし。見た目は真っ赤だが、まったく辛くない。コチュジャンが味のポイントだろう。そこに酢と砂糖が黄金比率で加わり、梨もたっぷり入っているので、フルーティーで非常においしい。刺身もたっぷり入っている。ぷりぷりと適度な弾力があり美味。

モヤシスープも、あっさり系ながらいいダシが出ていて、とてもおいしい。柔らかく煮込まれた大根も入っている。

食べているうちに器の底に水分が出てくるので、ご飯を加えて混ぜていただくのもおすすめだ。これがまた絶品。

梨ときゅうりで “かさ” が増えているとはいえ、ご飯が多いのでかなりおなかいっぱいになる。隣のテーブルの女性3人組も「ほんとにおいしかったです」と言いながら満足そうに店を出て行った。30年以上、ムルフェだけで店が成り立っているのも、このおいしさなら納得だ。辛いのが苦手な人でもこれなら大丈夫だろう。非常においしくいただいた。釜山=牧野美加

동해물회(トンヘムルフェ)
釜山市中区中央洞2街22-1
(051) 245-6583
定休日:旧正月・旧盆
営業時間:20時まで
地図→http://map.konest.com/daddr/2611010500%7C22-1?pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.