asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] ハリギリを使ったサムゲタン - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
ハリギリを使ったサムゲタン
[Write date]  2014-05-30 오후 12:46:51

南区庁のすぐそばにサムゲタン(参鶏湯)専門店がある。スープに엄나무(オムナム=ハリギリ)を使っているのが特徴の店だ。大きな住宅を改造した店のようで、門構えも立派だ。塀にはメニューやハリギリの特徴が、韓・日・英・中の4カ国語で書かれている。ハリギリと鶏肉は相性がいいのだそうだ。

店内は個室がいくつかあり、伝統楽器カヤグム(伽倻琴)で現代風の曲を演奏した音楽が流れている。静かで落ち着く雰囲気。掃除も行き届いていて清潔そうだ。

サムゲタンのメニューはハリギリサムゲタン(12,000ウォン)とハリギリ・アワビサムゲタン(15,000ウォン)の2種類。メニューにも日本語が併記されているので安心だ。ほかに、鴨肉プルコギ(2万ウォン)やハリギリ漢方水炊き(鴨・鶏各3万ウォン)、ハリギリ鶏コムタン(6千ウォン)などもある。水炊きは1時間前に予約が必要。

まず、カクトゥギや砂肝炒め、白菜のコッチョリ(浅漬け)など、サムゲタンの定番の付け合せと、徳利に入った朝鮮人参酒が運ばれてくる。徳利の口をアルミホイルでぴちっと覆ってあるところからも、飲食物を清潔に扱っている印象を受けた。

砂肝炒めはサムゲタンの付け合せとしては定番中の定番でどの店でも出てくるが、この店のは今まで食べた中で一番おいしいと感じた。炭火で焼いたのだろうかと思われるほど香ばしく、カリカリのガーリックもおいしさを倍増させている。適度な塩味もついていて非常においしかった。砂肝炒めそのものもメニューに並んでいる(2千ウォン)ほどなので人気なのだろう。

やがて、グラグラ煮えたぎるサムゲタンが登場。

スープはとろみがあって濃厚な味わいだ。サムゲタンは、食べる人がスープに塩を加えて塩加減を調節して食べる料理だが、ここのスープは塩を加えなくてもちょうどいい味になっていた。非常においしくいただいた。

鶏肉に詰められているのは、もち米・朝鮮人参・ナツメ・栗。もち米がたっぷり入っていたので、かなりお腹がいっぱいになった。ハリギリの効能について説明した案内文は、部屋の中にも張られていた。もちろん4カ国語で。

それによると、ハリギリはサンサム(山に野生の朝鮮人参)と呼ばれるほどで、糖尿病や肝機能改善の効果が期待できるとのこと。また消炎作用もあるため関節炎やニキビ、アトピーなどにもよいとされているそうだ。

玄関脇のテラス席でも食事ができるようになっている。今の時期は外で食べるのも爽やかでいいだろう。テラスにもカヤグムの音楽が聞こえていた。

庭先には大量のハリギリが出番を待っていた(▼)。ものすごく鋭いトゲだ。

店員さんの接客態度も非常に感じがよく、是非また来たいと思える店だった。釜山=牧野美加

명품 엄나무 삼계탕(ミョンプム オムナム サムゲタン)
釜山市南区南区庁1ギル11(旧住所表記では大淵洞)
(051) 635-3352
地図→http://map.konest.com/dloc/498946/282425/12?pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.