asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] カフェと花屋を融合させたマルチカフェ「チョン・ダウンの空間」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
カフェと花屋を融合させたマルチカフェ「チョン・ダウンの空間」
[Write date]  2014-04-07 오전 10:47:06

金蓮山(クムニョンサン)のふもとに昨年の夏、「꽃다방 정다운 공간」(コッタバン チョンダウン コンガン)というブランチカフェができた。店名は直訳すると「花カフェ 温かい空間」だが、実は隠された秘密がある。

店内はそう広くはないが、鉢植えの植物や花瓶にいけた花など緑たっぷりの空間だ。カフェというより花屋さんだ。種類豊富な鉢植えはいずれも販売用のもの。



植木鉢に写真をプリントするサービスもしている。オンライン(www.timetowater.com)で注文、全国どこでも宅配してくれる。写真がプリントされた植木鉢に植物(好みで選択)を植えた状態で、発砲スチロールの容器に詰めて発送する。植物つきで18,900ウォン、植木鉢だけなら13,900ウォンだそう。子や孫の写真をプリントして家族に贈ったり、会社の宣伝用に作ったりと用途はさまざま。1個から注文できる。

手作りのアクセサリーも展示・販売中。どれも手ごろな値段だ。ネックレスやブレスレット、ピアスなど、すべて女性店長さんが趣味で作った作品だそう。

さて、メニューはサラダスパゲティ(11,000ウォン)やピザ(12,000ウォン)、サラダスパゲティ・ピザ・ドリンク2杯のセット(25,000~26,000ウォン)、ブランチプレート(ドリンク付き・9,900ウォン)など、メニュー豊富。また、24時まで営業しているとのことで、ビールのメニューも豊富。ギネス黒ビールをはじめ、輸入ビールが揃っている。

こちらはクラブサンド(4,500ウォン)。ベーコン・トマト・目玉焼き・チーズ・たっぷりのレタスがサンドされていて、ソースとの相性も抜群。注文を受けてから作る手作りサンドなので、非常においしい。

店内の椅子はどれも学校で使われるようなレトロなタイプ。小学校の頃、こういう椅子に座っていたなと懐かしく感じた。



カフェでありながら、花屋のようでもあり、アクセサリーも販売し・・・と不思議な感じのする店だが、どういうきっかけでこういう店を開こうと思ったのか、笑顔がとてもチャーミングな女性店長さんに聞いてみた。

もともとはカフェとしてオープンしたのだが、アクセサリー作りが趣味なのでその作品も販売するようになった。また以前、花屋をしていたこともあったので、その経歴を生かして植物やプリント植木鉢も販売するようになったとのこと。

私がこういうスタイルのカフェを珍しがっていると、そうでもないと言う。最近は、カフェと何かプラスアルファを融合させたマルチカフェという形態が流行していて、特にソウルではよく見かけるそう。

話しているうちに驚きの真実が分かった。店名の「정다운 공간」の「정다운」は、なんと店長さん(▼)のお名前なのだそう。チョン・ダウンさん。てっきり、「情深い」「温かい」「むつまじい」という意味の韓国語「정답다」の連体形かと思っていたら、お名前だったとは。美しいお名前だ。ということで、本当の意味での店名は「チョン・ダウンの空間」ということになる。釜山=牧野美加

꽃다방 정다운 공간
釜山市水営区南川洞50-24(新住所表記では荒嶺山路14-1)
(051) 627-4293
営業時間:8~24時
定休日なし
HP→www.timetowater.com
地図→http://map.konest.com/saddr/2650010500%7C50-24?pop=0&stype=all&cp=1&cx=501236&cy=283771&lv=11&info=ad&idx=2650010500%7C50-24"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.