asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 手作りタルト専門店「cafe miette」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
手作りタルト専門店「cafe miette」
[Write date]  2014-03-10 오후 1:20:58

地下鉄2号線の「慶星大(キョンソンデ)・釜慶大(プギョンデ)駅」と「大淵(テヨン)駅」の中間あたり、「テヨン119安全センター」の隣に「cafe miette」というカフェがある。

釜山ではここ2~3年の間にカフェが急増し、「街を歩けばカフェにあたる」ほど、いたるところにカフェがある。「cafe miette」も一見、ごくありふれたカフェのように見えるが、実は手作りタルトの専門店。タルトを焼くのは、東京の服部栄養専門学校で料理の勉強をした若き女性店長だ。テレビでおなじみの、あの服部先生の学校だ。

店舗は2階。2階へと上がる階段の入口はあまり目立たないが、2階の壁に大きく書かれた店名が目印。バス通りに面した部分はガラス張りで、明るい日差しがたっぷりと差し込む。店内のところどころに、かわいらしい小物類が飾ってある。

デザートメニューはラズベリータルト、チャモン(グレープフルーツ)アールグレイタルト、ティラミスタルト、ショコラタルト、ジャガイモタルト、エッグタルトなどタルトだけでも種類豊富。ほかに柚子チーズケーキやホワイトチョコケーキなどもある。タルトやケーキは5,000~6,000ウォン。コーヒーや紅茶をはじめ、飲み物メニューも充実。

この日は季節限定のストロベリータルト(6,000ウォン▼)を注文。

サクサクで香ばしいタルト生地の上に、シロップをしみこませたスポンジやチーズクリーム、イチゴがサンドされ、さらにイチゴがきれいにトッピングされている。甘さ控えめで非常においしい。サービスで出してくれたチェリークランベリータルト(右▼)は中に甘酸っぱいソースが入っていて、表面はそぼろ状の香ばしい生地で覆われている。これも美味。

アメリカーノ(3,500ウォン)にはこれも手作りのクッキーが添えられていた。

聞けば、女性店長はもともと大学で日本語を専攻していたそう。大学在学中、日本に留学した際、韓国人のルームメートがたまたま服部栄養専門学校に行く準備をしていて、それに触発されて自身も通うことにしたのだそう。和・洋・中・製菓製パンの4つのコースを履修したとのこと。

その後、帰国して大学を卒業、東京で学んだ製菓製パンの技術を生かして約1年前にこのカフェをオープンしたのだそうだ。

店長によると、最近、釜山でもタルトがブームで、西面(ソミョン)あたりにもタルトの専門店ができているそう。この店のタルトの一番の特徴は、甘さ控えめなこと。店長曰く「両親世代の口に合うように作っています」。甘ったるいものがあまり好きでないご両親に試食してもらい、その意見を参考にしているとか。

最近の一番人気はジャガイモタルト(▼)だそう。タルト生地とトッピングのホイップクリームの間にサンドされている部分は、文字通りジャガイモで作っているのだそうだ。タルトにジャガイモとは意外な組み合わせだが、優しい甘さが好評だそう。

さらに、2日前までに注文すれば、リクエストに応じたケーキセットも用意できるそう。「先日受けた注文はこんな感じだったんです」と見せてくれた写真には、長方形のケーキ4種類の詰め合わせ。小ぶりのパウンドケーキのよう。購入した製品は冷蔵庫保管で5日ほどもつとのことで、ちょっとしたプレゼントにもよさそうだ。

メニューはハングルで書かれているが、店長は日本語が話せるのでハングルが読めなくても安心して注文できる。釜山=牧野美加 (写真は店のHPよりタルトメニュー6種▼)

cafe miette
釜山市南区大淵洞383-10 2階 (大淵119安全センター隣)
070-8625-0094
営業時間:11~23時
定休日:なし
ブログ(韓国語)http://blog.naver.com/miette2
地図→http://map.konest.com/dloc/500111/282452/12?pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.