asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 鴨肉・鶏肉料理専門店「ヘヨンジョン」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
鴨肉・鶏肉料理専門店「ヘヨンジョン」
[Write date]  2013-06-14 오후 2:01:36

半年ほど前、南川(ナムチョン)洞に鴨肉・鶏肉料理の専門店「ヘヨンジョン」がオープンした。もともと草邑(チョウプ)洞で数年間営業していて、このたび南川に移転してきたそうだ。移転後も、この店の味を求めてわざわざ草邑から訪ねてくる常連客もいるのだとか。

メニューには、サムゲタン(韓方・漆・アワビ・漆アワビ)(10,000~16,000ウォン)や、ペクスク(地鶏・硫黄鴨・漆硫黄鴨・漆地鶏)(35,000~40,000ウォン)、鴨と野菜のプルコギ(鴨1羽・25,000ウォン)、アワビ粥(12,000ウォン・注文は2人分から)など、おいしそうな料理が並ぶ。ペクスクは、鶏や鴨を丸ごと1羽水炊きにして食べ、その後炊いたスープでお粥を煮て食べる料理。調理に時間がかかるため、「食べる1時間以上前に予約してもらえれば、一番おいしい状態で召し上がっていただけます」とのこと。

中でも、ランチタイムの「鴨と野菜のプルコギ定食」(7,000ウォン)はおいしくてボリュームたっぷり。気軽に鴨肉料理を楽しむにはぴったりのメニューだ。

特殊コーティングされた浅めの鍋に鴨肉と野菜がたっぷり入っており、卓上コンロで加熱する。鴨肉には特製のヤンニョムがもみこんである。この状態でしばらく加熱する。

おかずも非常に充実している。いずれも安心していただける「おふくろの味」的なおかずだ。

おかずをつまみながら、食べごろになるのを待つ。チリチリ音がしてきたら、鴨肉と野菜をほぐすように混ぜる。調理は店員さんがしてくれる。

食べごろになったプルコギ(▼)。このまま食べてもよし、サンチュやエゴマの葉、薄切りの酢漬け大根で包んで食べてもよし。辛くなく、非常においしい。ご飯によく合う。

少し遅れてオリタン(鴨肉のスープ)も登場。毎回必ず出てくるわけではないようだが、骨付きの鴨肉を煮込んであり、コクがあってかつスッキリした味わいのとてもおいしいスープだ。釜山=牧野美加

해연정(ヘヨンジョン)
釜山市水営区南川洞558-13番地 / 広安海辺路27-3
(051)757-7277
定休日:なし
地図→http://map.konest.com/saddr/2650010500%7C558-13?ln=1&stype=all&cp=1&cx=501611&cy=282694&lv=11&info=ad&idx=2650010500%7C558-13&pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.