asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 1杯のチャジャンミョンに心を込めて「妃丹妃」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
1杯のチャジャンミョンに心を込めて「妃丹妃」
[Write date]  2013-03-13 오전 10:18:04

UN記念公園脇の彫刻公園の向かい側にある中国料理店「妃丹妃」(ピダンビ)は、特にチャジャンミョンがおいしいことで有名だ。店の名刺にも、店名の脇に「짜장면이 맛있는 집」(チャジャンミョンがおいしい店)と書き添えられている。高い中国料理を売ることに力を入れるより、1杯のチャジャンミョンを真心を込めて作る「妃丹妃」でありたいという思いで努力しているそうだ。

他にもポックムパッやチャンポン、酢豚、八宝菜、カンプンギなど多彩なメニューが並び、予算に応じたコース料理もある。

かなり大きい店だが予約は取らない方針だそうで、食事時に行くと少し待たねばならないことが多い。待合コーナーには椅子が充分用意されており、テレビもあるので待つのもそう苦にならない。

フロアは広々しており、個室もあるので家族連れの会食などにもぴったりだ。雰囲気のよい店だ。大人気のチャジャンミョンは1人分ずつの비단비 자장면(妃丹妃チャジャンミョン・5,000ウォン)と、数人で分け合って食べる해물쟁반자장(海鮮チェンバンチャジャン・1人分6,500ウォン・2人分から注文可)がある。

妃丹妃チャジャンミョン(▼)。一般的なチャジャンミョンのソースより色がやや薄い。味もあっさりしている。決して味が薄いというわけではなく、脂っぽくなく食べやすい。麺も一般的なものよりもちもち感があっておいしい。またタマネギの他にジャガイモや肉など具も多めで満足度が高い。人気なのも納得だ。

ホールの片隅には酒のボトルが並ぶ。こちらは山東省曲阜市の「孔府家酒」というバイジュウ(白酒)だ(▼)。この他にも酒類のメニューも豊富。

店名の「妃丹妃」は「王妃につかえる心」という意味だそう 。「丹」という文字には「赤い」という意味の他に「真心がこもった」という意味もあるそうだ。ここ大淵洞(テヨンドン)に店をオープンして間もなくそのおいしさが口コミで広がり、2年後に海雲台(ヘウンデ)に2号店を出したそう。妃丹妃が心を込めて作るチャジャンミョンを求めて、日夜、大勢の客が訪れている。釜山=牧野美加

비단비(妃丹妃=ピダンビ)
釜山市南区大淵1洞865-11
(051) 626-0111
営業時間:10~22時
地図→http://map.konest.com/saddr/2629010600%7C865-11?ln=1&stype=all&cp=1&cx=500149&cy=281884&lv=11&info=ad&idx=2629010600%7C865-11&pop=0"></iframe

海雲台店:釜山市海雲台区中1洞153、051-747-8099
地図→http://map.konest.com/saddr/2635010600%7C153+?ln=1&stype=all&cp=1&cx=507048&cy=286415&lv=11&info=ad&idx=2635010600%7C153&pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.