asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] 50年愛され続ける元祖ハルメクッパ - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
50年愛され続ける元祖ハルメクッパ
[Write date]  2013-02-04 오전 10:32:59

海雲台(ヘウンデ)海水浴場の近くに、ソコギ(牛肉)クッパの店が軒を連ねる場所がある。その中でもダントツで人気なのが「원조할매국밥(ウォンジョハルメクッパ)」(元祖おばあさんのクッパ)。1962年創業とのことなので今年で51年になる老舗だ。

店は2009年公開の映画 『내사랑 내곁에(ネサラン ネキョッテ)』(私の愛、私のそばに)(監督パク・チンピョ、出演ハ・ジウォン、キム・ミョンミンほか)の撮影に使われたほか、毎年10月に開かれる釜山国際映画祭の期間中は、俳優や監督など映画関係者も多数訪れるなど、映画との縁が深い。店内には日本人を含む俳優や監督などのサイン色紙が所狭しと張られてある。また客が壁に書き残した無数の落書きが、この店の51年の歴史を物語っているようだ。店は大盛況で、本店の2軒ほど隣にもう1軒店を出した。いずれも赤い看板にハルメの顔写真が目印だ。

人気メニューはソコギクッパとソンジクッパ(各3,500ウォン)。いずれも牛肉やソンジ(牛の血を凝結させたもの)などの具入りスープにご飯を入れたもの。スープとご飯が別になったタロクッパは牛肉もソンジも4,000ウォンだ。ほかにソンジククス(4,000ウォン)もある。

店先の大きな釜ではスープが煮込まれており、注文するとあっという間に料理が出てくる。ソコギクッパ(▼)。スープはまったく辛くなく、コクのある深い味わいが楽しめ、かつ後味はさっぱりしている。辛いものが苦手な人でも安心して食べられる味だ。

ソンジクッパ(▼)。ソンジは牛の血を凝結させたもの。昔は家畜が今よりももっと貴重だったため、1頭の家畜をほふると、肉だけでなく内臓や血液まで全て無駄にすることなく利用していた。牛肉の血はソンジクッに、豚肉の血や腸はスンデに・・・と、文字通り捨てる部分はなかったそうだ。

血を固めたものというと生々しいが、鉄分をはじめ栄養豊富、しかも低カロリーなので美容食として韓国では女性にも好まれる。味は上手に調理したレバー炒めのような感じ。レバーが嫌いな人でない限り、クセも臭みもなくおいしく食べられるだろう。

大根の漬物・カクトゥギ・ニンニクの茎は各テーブルに用意されてあり、各自が食べる分量だけ小皿に取り分けていただく。注文と同時に出てくるヤクルトは、食後にどうぞというサービスだ。釜山=牧野美加

원조할매국밥(ウォンジョハルメクッパ)
釜山市海雲台区佑洞612-2
(051) 746-0387, 731-3363
地図→http://map.konest.com/saddr/2635010500%7C612-2?ln=1&stype=all&cp=1&cx=505977&cy=285588&lv=11&info=ad&idx=2635010500%7C612-2&pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.