asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山グルメ] ステーキのような食感・・・カルメギサル - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Food
twitter    facebook       max min print
ステーキのような食感・・・カルメギサル
[Write date]  2011-12-28 오전 10:27:00

韓国で豚肉の焼肉といえばサムギョプサル(三枚肉)が有名だが、カルメギサルと呼ばれる肉もおいしい。「カルメギ」は「カモメ」を意味する韓国語で、「サル」は「肉」。直訳すると「カモメの肉」だが、もちろんそうではない。カルメギサルは豚の横隔膜と肝臓の間にある肉のことで、筋肉質で脂肪がないため適度に軟らかく、また歯ごたえも楽しめる。

「서래갈매기(ソレカルメギ)」はカルメギサルの専門店。釜山だけで30店舗以上あるという人気の店だ。各テーブルには天井から排気ダクトが下がっており、肉は炭火ではなく練炭で焼く。炭火なら送風の強弱で火の勢いを調節することができるが、練炭は火力を調節することができない。練炭は穴から火が噴き出すほどの強い火力なので、焼き網の上に肉を置いておくとあっという間に焦げてしまう。そのため、焼き網の上の肉を常に転がすようにしてまんべんなく焼けるようにするのがポイントだ。

カルメギサル(▼)は肉厚で、いわばサイコロステーキのような感じなので、食べごたえも充分。高級肉の部類に入り、この店では500gで15,000wだ。そのままでもおいしいが、醤油ベースのタレにタマネギのスライスを加え、それをつけて食べるとよりおいしい。

メニューはカルメギサルの他に、모듬(盛り合わせ=600g・15,000w)なども。껍데기(コプテギ=皮)や막창(マクチャン=盲腸)、항정살(ハンジョンサル=首~肩の肉)、そしてカルメギサルがセットになっている。

肉を食べ終わったら、締めにはテンジャンチゲ・キムチチゲや冷麺などをお好みで。釜山=牧野 美加

서래갈매기(ソレカルメギ)広安里店
釜山市水営区広安2洞192-2
(051) 755-2692
営業時間:午後4~午前4時
http://www.seoraester.co.kr/index.asp






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.