asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 釜山の国立国楽院で伝統文化を - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
釜山の国立国楽院で伝統文化を
[Write date]  2011-01-18 오후 2:44:45

韓国の伝統音楽と踊りを楽しむことができる国の施設が釜山にも運営されている。毎週土曜日の午後「ウリ(私たち)音楽、ウリ踊り」を公演している国立釜山国楽院(釜山鎮区蓮池洞219-2番地)がまさにその場所だ。

釜山の中心地・西面にあるロッテホテルからタクシーで2千ウォンくらい出せば行けるそこでは、2009年5月以降、毎週土曜日の午後4時から韓国の伝統音楽と踊りが披露されている。朝鮮時代に人気のあった韓国の大衆音楽を現代でも楽しむことができる所だ。

ここでは、カヤグム(韓国固有の弦楽器)やタイグム(横笛)、太鼓などの伝統楽器の公演はもちろん、太平舞やハンリャンムなど、様々な伝統舞踊も鑑賞することができる。アリランや打令(朝鮮時代の音楽曲調のひとつ)など韓国の伝統民謡も聞くことができる。

伝統公演は、舞台と客席をきちんと区別せずに時々一緒になるのが特徴。クラシックや大衆歌謡コンサートとは違って、公演の途中でも思いっきりツイムセ(あいのて)を飛び交わしながら演奏者と観客が一つになる。

観覧料はすべての座席が8千ウォン。釜山在住の外国人と20人以上の団体観覧は20%割引される。公演スケジュールはホームページ(www.ncktpab.go.kr)にて事前に確認できる。問い合わせ051-811-0040






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.