asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 国立海洋博物館、ロボット魚を展示 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
国立海洋博物館、ロボット魚を展示
[Write date]  2015-07-29 오후 2:46:06

影島(ヨンド)区東三(トンサム)洞の国立海洋博物館は、法人化100日を記念し、7月28日から博物館体験場で最新型の「ロボット魚」5体を展示している。3体は水中を泳ぎ、2体は来場客が手で触れられるよう展示されている。
 
未来海洋技術の集合体として注目を集めるロボット魚は、見た目や動きが本物の魚とそっくり。上下左右だけでなく、垂直、水平にも移動し、障害物を避けて自由自在に泳ぐことができる。温度や湿度、圧力も感知できる。

海洋博物館は、ロボット魚を展示することで、最新科学技術や海洋技術に対する子どもたちの興味を高める機会になると期待している。

一方、2012年7月にオープンした国立海洋博物館は、これまでに来場客約370万人を記録。来場客数は年々、増えている。これまでは海洋水産部所属の公務員が博物館の運営を担当していたが、今年4月に予算や人事運用などで自律性を持つ特殊法人公共機関に転換した。

*ロボット魚の動画→ http://youtu.be/_FRitOYUovU






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.