asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 韓国初、常設マジック専用館オープン - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
韓国初、常設マジック専用館オープン
[Write date]  2014-08-22 오후 2:20:03

「外国人マジシャンが韓国と聞いて思い浮かべる都市は多分、釜山だと思います。今年で9回目を迎えた『釜山国際マジックフェスティバル』の影響です。私は第1回目から司会を担当していることもあって、釜山とは縁があります。でも、まさか釜山に私の名前がついたマジック専用館ができるとは思っていませんでした」。

韓国唯一の常設マジック専用館「チェ・ヒョヌ・マジックシアター」が7月25日、釜山でオープンした。チェ・ヒョヌさん(写真)をはじめとする4人のマジシャンが、水営(スヨン)区民楽(ミルラク)洞の「MBCサムジュアートホール」で11月30日まで毎日2回、マジックショーを開く予定だ。

「外国人、韓国人を問わず、老若男女誰もが楽しめる公演にするよう心がけています。これまで私が開いてきた全国ツアー公演が少し重い雰囲気だったとするなら、この常設公演は軽くて楽しい雰囲気にしてみようと思っています。5年間の長期契約を結んでいますが、毎年レパートリーを広げていくつもりです」。

常設公演のタイトルは「The Prism: Red」。光を屈折・分散させるプリズムのように、さまざまなマジックを披露するという意味が込められている。

「メディアが高度に発達して、現代マジックのトリックの多くは暴かれていますね。動画のキャプチャーなどを利用する人も多いです。なので、私が最近、関心を持っている分野は『メンタリズム』です」。

「メンタリズム」は心理学や催眠、読心術、言葉のトリックなどを利用して、人の心を読むことだ。チェ・ヒョヌさんは今回の公演で、マジシャンが瞬間移動したり美女の首を切断したりという既存の「イリュージョンマジック」と共に、観客の心理を見抜き、その心理を利用する「メンタルマジック」も披露している。

*「The Prism: Red」=毎日午後5時・8時上演(1回70分)、5歳以上入場可、料金一般R席6万ウォン、S席4万ウォン、A席3万ウォン。学生(高校生まで)R席4万、S席3万、A席2万ウォン、HP(http://www.mbcsamjooart.com/)、電話(1566-3651)
*会場の地図→http://map.konest.com/dloc/502654/285210/10?pop=0"></iframe






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.