asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 市民ギャラリーに変身「旧・東海南部線駅舎」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
市民ギャラリーに変身「旧・東海南部線駅舎」
[Write date]  2014-07-09 오후 3:30:30

駅としての機能を失い撤去の危機にあった駅舎が、市民ギャラリーに変身した。

海雲台(ヘウンデ)区庁は、4月10日オープンした旧海雲台駅のギャラリーに、平日100~120人、週末は200人ほどの来場者があり、累積来場者数は約1万2千人にのぼると、7月5日発表した。5月1日オープンした旧松亭(ソンジョン)駅のギャラリーも累積来場者数は5千人に達する。

旧海雲台駅と旧松亭駅は昨年12月、KORAIL(韓国鉄道公社)東海南部線の海雲台~松亭区間が移設されたことに伴い、駅としての機能を失った後、都心の「文化空間」として生まれ変わった。

旧海雲台駅は、券売窓口と駅員事務室が展示場に、乗客出入口は公演場にリフォームされ「市民ギャラリー」に変身した。アート作品の展示とともに、6月28日にはミニコンサートも開かれた。

旧松亭駅は陶芸の工房として整備された(写真・海雲台区庁提供)。地域の陶芸作家の作品が展示されている。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.