asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 「オソルロクティーハウス」釜山初上陸 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
「オソルロクティーハウス」釜山初上陸
[Write date]  2014-01-27 오후 12:54:40

「オソルロクティーハウス」(写真)が釜山市中区光復路(クァンボンノ)にオープンした。「オソルロク」は化粧品で有名な「アモーレパシフィック」のお茶ブランドだ。アモーレパソフィックが現在、済州(チェジュ)で運営中の「オソルロクお茶博物館」は、済州旅行の人気コースになっている。

「アモーレパシフィック」側は「茶畑がある済州や首都圏以外の地域でロードショップをオープンするのは初めて。光復洞店の成功いかんで、地域の店舗拡大を進める計画だ」と話す。

「オソルロクティーハウス」の初めての釜山ロードショップは、光復路沿いの2階建ての建物で、各種お茶や、緑茶で作ったデザート類を販売している。

フランチャイズのコーヒー専門店が立ち並ぶ光復路に、韓国のお茶を販売する「ティーハウス」がオープンしたことで、釜山のコーヒー志向にも変化がみられるか注目される。

「オソルロクティーハウス」のコンセプトは △直営の茶畑から供給される環境に優しい緑茶を使用 △緑茶で作った身体によいメニュー △茶文化を通して現代的な五感を目覚めさせる文化空間。

「アモーレパシフィック」の関係者は「釜山市民はもちろんのこと、南浦洞(ナンポドン)を訪れる日本人や中国人にも、韓国の緑茶のよさを伝えたい。また韓国の若者が茶文化に接する空間になればと思う」と話す。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.