asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 韓国が世界に誇るステージ『NANTA』 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
韓国が世界に誇るステージ『NANTA』
[Write date]  2011-04-04 오후 1:26:59

韓国を代表するステージ『NANTA(乱打=ナンタ)』も、アクロバティックコメディー『JUMP』と同じく言葉を必要としない非言語公演(non-verbal performance)だ。1997年のソウル初舞台後、1999年にはイギリス・エディンバラフリンジフェスティバルで海外初デビューを果たし、以降世界数十カ国の国々で上演を重ねている。ソウル・済州島の専用館では現在も持続的な長期公演を行っている。

NANTA』は当初からブロードウェイを目標に、「世界に通じる舞台」を目指して企画・製作された。20042月にはアジアの公演としては初めてニューヨーク・ブロードウェイ進出に成功。20096月にはソウル市最優秀プログラム賞を受賞、同7月には『NANTA』専用館公演が1万回を突破するなど、長年にわたって多くの人々を魅了し続けている作品だ。


舞台設定はある厨房。
5人のシェフが指定された時間までに結婚式用のご馳走を作るように指示されるが、ハプニングがあったり横道にそれてしまったり・・・。果たして時間までに料理は出来上がるのか・・・というストーリー。包丁やまな板・鍋・箸・おたまなどのキッチン用品で様々な音とリズムを作り出していく。韓国の農楽の一つ「サムル(四物)ノリ」(4種の楽器を用いることからそう呼ばれる)のリズムに合わせた軽快で迫力のある響きが心地よい。


まな板の上で豪快にキャベツなどを刻むシーンでは、刻まれた野菜がステージ上あちこちに飛び散る。本物の野菜なのでもったいないように見えるが、それらの野菜は農協の協賛により流通期限が切れて店頭では販売できないものを使っているのだそう。また刻まれた野菜は家畜の飼料や堆肥の原料として活用されるのだそうだ。


NANTA』は2000年に初めて日本でも上演された。今年も3月に大阪(1720)・東京(2427)・金沢(31)で上演された。東北地方大地震の影響もあり上演の中止も検討されたが、人々を少しでも勇気付けたいという思いや、公演に足を運んでくれる大勢の日本人への感謝の気持ちから、予定通り行うことにしたのだそう。大阪・東京公演ではロビーで募金活動を行い1千万円以上の募金が集められたほか、『NANTA』からも大韓赤十字社を通して1億ウォンの義捐金が寄付されたそうだ。なお、6月にも東京・大阪での上演が予定されている。日本公演では、『NANTA』初の外国人キャストとして2009年にデビューした岩本柚香氏も出演する予定。


NANTA』の誕生の地・韓国で観るもよし、日本で観るもよし。韓国が世界に誇る舞台を、是非一度お楽しみいただきたい。


NANTA』公式サイト(日本語)http://nanta.i-pmc.co.kr/jp/index.asp

NANTA』日本公演公式サイト(日本語)http://www.nanta.jp/pc/index.html






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.