asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 貸出料1千ウォン、横断幕リサイクルのござ、人気 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
貸出料1千ウォン、横断幕リサイクルのござ、人気
[Write date]  2017-07-11 오후 3:18:46

海雲台(ヘウンデ)区の海雲台海水浴場に、不用になった横断幕を再利用した「レンタルござ」(写真)が登場し、注目を集めている。毎年、使い捨てのござがビーチに放置され問題になっているが、このレンタルござはゴミを減らし、観光客の荷物も減らすという一石二鳥の効果が期待される。

海水浴場入口の観光案内所の一角にある観光記念品売り場「パダ(海)商店」では7月から、不用になった横断幕で作ったござを貸し出している。縦170cm、横60cmで、今年5月の「海雲台砂祭り」期間中に市内各地に掲示されていたものだ。

区は200万ウォンの予算を投じ、「パダ商店」運営会社の「エコエコ協同組合」とともに、横断幕を使ったござ400枚を制作した。横断幕2枚の間にクッション素材を入れて縫い合わせた。すわり心地がよく、風で飛ばされにくいように工夫した。

レンタル代金は1千ウォン。保証金として5千ウォンを預け、ござを返却すると4千ウォンを返してくれるシステムだ。海水浴場付近で販売されているござが5千~6千ウォンであるのに比べると、かなり安い。海水浴場を訪れたイ・ジウンさん(22・女・京畿道)は「デザインもよく、横断幕を再活用したござには見えない」と話した。

捨てられる運命だった横断幕を再活用したのは、エコエコ協同組合のアイデアだ。同社は毎年、同海水浴場で発生する廃棄処分のビーチパラソルの布地を洗浄し、かばんや帽子にリサイクルして販売。好評を得ている。ござの制作もエコエコ協同組合が担当した。ファ・ドッコン代表は「釜山地域の海水浴場や水辺公園は、観光客が放置していくござのゴミ問題で、関係者が頭を悩ませている。国際イベントが多い海雲台では横断幕の数も多いため、それらを活用してござにすれば、ゴミの減量に役立つのではないかと考えた」と説明する。

海雲台区によると、昨年6~8月、海雲台海水浴場で発生したゴミの量は実に191トン。同期間、同区の松亭(ソンジョン)海水浴場でも58トンのゴミが出た。これらのゴミ処理の予算だけで約5万3千万ウォンにのぼる。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.