asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[釜山エンターテインメント] 既存の橋を活用したスカイウォーク、昌原に誕生 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
Busan Tour > Entertainment
twitter    facebook       max min print
既存の橋を活用したスカイウォーク、昌原に誕生
[Write date]  2017-03-29 오후 4:22:05

慶尚南道昌原(チャンウォン)市馬山合浦(マサンハッポ)区亀山(クサン)面の猪島(チョド)周辺に、新名物が誕生した。旧・猪島連陸橋(別名・クウェー川の橋)に設置された「スカイウォーク」(上の写真)だ。3月28日、開場した。
 
床の一部に透明な強化ガラスがはめこまれ、13.5m下に広がる海の風景を楽しみながら歩くことができる。近くには、投函の1年後に配達される「遅い郵便ポスト」も設置した。
 
ガラスがはめこまれているのは、「クウェー川の橋」の中心部分80m区間。特殊なメディアガラス1枚と強化ガラス2枚を張り合わせた厚さ30mmのガラスと、交換可能な強化ガラス(12mm)1枚が用いられている。LED照明も設置された。

安全のため、入口にガラス保護用の靴カバーを配置し、同時に入場できる人数を100人に制限する。

スカイウォークは各地にあるが、既存の橋梁を活用した例は韓国で初めてという。市は「古い橋を体験型の観光コンテンツに生まれ変わらせた点に意義がある」とする。

クウェー川の橋は1987年、亀山面の陸地部と猪島を結ぶために建設された全長170m、幅3mの鉄製橋梁。第2次世界大戦当時、日本軍に捕らえられた英国軍捕虜が、タイのクウェー川に建設された鉄橋に似ていると名づけた。2004年、近くに新しい橋が建設され、クウェー川の橋は歩行者専用橋になった。

▲クウェー川の橋入口に設置された「遅い郵便ポスト」に投函する手紙を書く市民






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.