asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[大学生広報大使] 韓国の伝統的な遊び - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
 
釜山プラス > 大学生広報大使
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
韓国の伝統的な遊び
竹之下仁志(たけのした・さとし)
[Write date]  2011-05-02 오전 10:37:11

韓国の伝統的な遊びは、韓国の正月(旧暦1月1日)“ソルラル”と呼ばれる日に行います。
“ソルラル”には伝統的な遊びを今でもよく行います。

1. ユンノリ

韓国ではみんなが知っている民族遊び。
日本のすごろくに良く似た遊びでサイコロの代わりに“ユッ”と呼ばれる4本の木の棒を投げて駒を進める。



 
“ユッ”の裏表で進む駒の数が決まり、全部が裏や表だともう1度投げることができる。
この遊びは2チームで行い1チームにつき駒は4つあり、4つ全てを最初にゴールさせたチームが勝つ。



 
簡単なルールの遊びで、子どもから大人までみんなが楽しめるので、家族そろって正月に遊ぶ。




 

 

2. チェギチャギ

小銭に紙を巻いて作る遊び。日本の蹴鞠に良く似ている遊び。

4人で遊ぶ時は、北→東→西→南→北の順番で蹴って、
落とした人が負けとなる。


 

3. ノルティギ

藁や穀物が入った袋の上に板を乗せて向かい合って2人で飛び上がる遊び。

意外に高く飛び跳ねる事が出来る簡単な遊び。
由来は昔、外出が出来なかった女性が塀より高く飛び
外の世界を一目見ようとしていたのが
始まりと言われる。




4. ペンイチギ

日本で言う「こま回し」で、昔は凍った川や池の上でこまを回して遊んでいた為、冬の遊びとされている。
“ペンイチギ”は50㎝ぐらいの細い棒に紐がついていて
こまを紐でたたいて遊ぶ。



 






 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.