asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[韓国料理] タッポクムタン(鶏肉と野菜の煮物)とおいしい朝食のおかず - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
 
釜山プラス > 手軽に学ぶ韓国家庭料理
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
タッポクムタン(鶏肉と野菜の煮物)とおいしい朝食のおかず
[발행일자]  2012-11-26 오전 10:55:33


大人も子どもも大好きなタッポクムタン(鶏肉と野菜の煮物)です。鶏肉1匹あれば簡単にできて、でも簡単に作ったようには見えない豪華な料理です。冷凍室か冷蔵室に鶏肉1羽さえあれば、ボリュームたっぷりの料理が手軽に作れます。タッポクムタンをおおかた食べ終えたら、残ったスープにご飯を入れて混ぜて食べてもよし、ポックムパプにして食べてもよし。あるいは残ったスープにラーメンなどの麺類を入れて食べてもよし。1つの料理でいろいろな食べ方が楽しめます。

まず適当な大きさに切った鶏肉をピリ辛のタレで煮て、鶏肉に火が通ったら一口大のジャガイモもたっぷり入れます。

これでおいしく出来上がりました。このタッポクムタン、作り方はとても簡単です。母から娘へと伝えられる代表的な“お母さんの味”です。化学調味料は一切使いません。あまりにおいしくてタポックムタンの鍋もお茶碗も空っぽになってしまうので、“ご飯泥棒”と言われるほどです。使う調味料は一応計って入れますが、一度作れば忘れることのない覚えやすい数字です。“2”という数字さえ覚えればOKです。

我が家のタッポクムタンのレシピは、近いうちにまたあらためてご紹介しますね。

こちらはカタクチイワシと昆布を煮出したダシです。このダシでおいしいファンテクッ(干しスケトウダラのスープ)を作ります。

できあがったファンテクッです。甘みのある大根も使い、干しスケトウダラもたっぷり入れて作ったスープです。エノキダケとネギを最後に入れてさっと煮るとよりおいしくなります。仕上げに溶き卵を回し入れれば完成です。

次に、塩蔵のわかめの茎を水に浸して塩気を抜き、きれいにすすいで水気を切ります。

つぶしニンニクをたっぷり入れて、醤油で味付けして炒めます。こうして作ったわかめの茎の炒め物は、歯ごたえもよくとてもおいしいです。とてもおいしいので、食卓に並べる前に味見と称してついたくさん食べてしまいます。

ご飯を炊くついでにできるおかず。わざわざ火を使わず、ご飯を炊くときにお米の上にのせておくだけで簡単にできるおかずを紹介しましょう。きれいに洗って適当な大きさに切っておいたナスをステンレスのボウルに入れ、炊飯器の米の上にそっとのせて炊飯器のスイッチを入れるだけです。ご飯が炊き上がってフタを開けると、ちょうどいい具合にナスに火が通っています。

ボウルはとても熱いので、取り出すときは充分注意してください。アツアツのナスをまな板の上にのせて適当な大きさに切り、唐辛子粉・醤油・ごま油で和えます。のどごしも良く、何度食べても食べ飽きない味です。

子どもたちも大好きなジャコ炒めも作っておいたので、食卓にのせましょう。

カレイも大ぶりのものを2匹焼きます。カレイはたっぷり油を引いて中火で焼くと、フライパンにくっつかず、表面はこんがり、中はふっくらとした焼き上がりになります。

これで今朝の朝ごはんの準備ができました。香ばしいジャコ炒めと、

カリコリとおいしいカクトゥギも並べました。

食感も、素材そのもののおいしさも楽しめるわかめの茎の炒め物も。

白菜キムチはどんな時にも欠かせませんね。ナスの和え物も添えて。

そして、肉類のおかずが大好きな子どもには、タッポックムタンが最高のおかずですね。







 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.