asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[韓国料理] 我が家の人気のおかず「玉ねぎとツナのジョン」 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
 
釜山プラス > 手軽に学ぶ韓国家庭料理
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
我が家の人気のおかず「玉ねぎとツナのジョン」
[발행일자]  2012-06-02 오전 9:23:33

- 材料 -

玉ねぎ1個(200g)
にんじん1/4本 (50g)
長ねぎ1/2本(50g)
ツナの缶詰・小 1個 (100g)
にんにくのみじん切り 1/2さじ
卵 2個
小麦粉 4さじ
塩 1/2さじ
こしょう 1/2さじ
サラダ油 適量

*我が家の「さじ」は家で使う、大人用のスプーンを使った計量単位です。

- 作り方-

(1) 玉ねぎ、にんじん、長ねぎはすべて、みじん切りしておきます。



(2) ツナの缶詰を開け、中に入っている油を出し、ツナの身だけ残しておきます。



 (3) ボールに切っておいた玉ねぎ、にんじん、長ねぎをすべて入れ、油を除いたツナも一緒に入れます。
     そして、みじん切りにしたにんにく、卵、塩、こしょうを入れ、よくかき混ぜます。



(4) 最後に、小麦粉も入れてかき混ぜれば、準備完了。
 
(5) フライパンにサラダ油を入れ、油をなじませた後、ひとさじずつスプーンですくって、両面焼けば、できあがり。


 
 ◎料理の一口メモ

*玉ねぎ、にんじん、長ねぎは細かく切って入れると、食感が柔らかく、
   歯があまりよくないお年寄りが召し上がるにもいいです。
   また、少し大きめに見えるくらい切ってから焼くと、サクサクとした食感が楽しめます。
   お好みで切る大きさを調節してください。

*小麦粉はつなぎの役割をすると同時に、ふっくらとした食感を作りだします。

*分量どおりに入れ、よく混ぜれば、水っぽくない生地が作れます。

*家ごとに塩加減は違いますね。ですから、塩を入れるときにはスプーンで少なめに入れ、
  すこし薄く感じるくらいの方が、後で味付けがしやすいです。

*先に味付けをして、そのまま食べても十分においしいですが、チョカンジャン(酢醤油)や
   甘酸っぱいチョジャン(酢醤油に調味料を混ぜたもの)を一緒に添え、つけながら食べてもおいしいです。

*食べ残したジョンはキムチチゲを煮るとき、ツナ缶や豚肉の変わりに一緒に入れて、煮てみてください。
   キムチチゲがほとんど煮えたころ最後の方に入れて、少し煮立たせると、一層美味しくなります。

*この「ツナと玉ねぎのジョン」のレシピに書いたツナの缶詰は、市販の缶詰の中で
   一番小さなサイズ(100g)を使えばいいです。


 






 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.