asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 海風を感じながら、走ろう!釜山パダマラソン - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
海風を感じながら、走ろう!釜山パダマラソン
[発行日]  2019-09-26 오후 4:34:02

▲釜山の海を眺めながら、広安大橋の上を走る釜山パダマラソン大会が10月6日に開催される。写真は昨年の同大会の様子。


 釜山広域市の広安大橋(クァンアンテギョ)の海上を走る「2019 釜山パダマラソン」が10月6日の午後8時から開催される。同大会は釜山日報社主催。パダは韓国語で海を意味し、その名の通り、韓国国内で最高と言われる大海原を見ながらのレースとなる。

 同大会はハーフ、10km、5kmのコースに分かれる。参加者は約1万3000人。ハーフと10kmは同大会での優れた成績ほか、個人記録の更新を狙うランナーが楽しんで走るコースと言える。5kmコースは記録を気にせず、家族やカップル、友人でゆったりと楽しみながら走れるコースだ。必ずしも走る必要はなく、歩いてもいい。10月は気候もよく、秋の海をバックに写真を撮るにも適している。

 マラソンの具体的なコースは、釜山の海が最も美しい場所で設定されている。ハーフの場合BEXCOから出発し、「釜山国際映画祭」の開幕式が行われる映画の殿堂と、地域住民の応援を受けながら水営(スヨン)江辺大通りを過ぎる。広安大橋を渡った後、釜慶(プギョン)大学の裏手に回り、広安里海水浴場を走ることになる。

 同大会は釜山ヒムチャン病院の協力のもと、医療本部を設置。釜山応急患者移送団が、緊急医療体系を構築する。コースの至る所に一般救急車12台、救急搬送の救急車14台、スケート靴を着用したインライン巡察隊50名を配置し、緊急事態に備える。

 釜山日報社のキム・ジンス社長は「釜山パダマラソンは釜山を世界に広める、代表的な観光イベントとしての地位を築いた。都心の景観と自然の景色を隅々まで楽しめるので、マラソンに参加するとともに、釜山の美しい海をたっぷり満喫してほしい」と話した。

 釜山パダマラソンの参加申し込みは9月27日まで。申し込みはホームページ(marathon.busan.com)からできる。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.