asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 映画とグルメの融合…釜山フードフィルムフェスタ、20日開幕 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
映画とグルメの融合…釜山フードフィルムフェスタ、20日開幕
[発行日]  2019-06-20 오후 5:20:37

▲開幕作『めんたいぴりり』のワンシーン。(写真提供=釜山フードフィルムフェスタ)

 6月20日から23日までの4日間、釜山フードフィルムフェスタが開催される。今回は「食口(シック)」というテーマの下、世界の食をテーマに作られた映画や、食文化に親しむ機会となることが期待される。「シック」は韓国語で「同じご飯を食べる」ことから、家族という意味がある。

 映画祭の開幕は、映画『めんたいぴりり』(2019)ではじまる。釜山の代表的なグルメの明太子を題材にした作品だ。2013年に福岡の地方放送で同名のドラマが人気となり、映画化された。

 映画は今年1月に日本で公開され、韓国では今回が初公開となる。あらすじは、釜山で明太子を食べた男性が福岡に渡り、福岡で地元の食べ物として明太子を作るストーリー。開幕式には江口カン監督が参加し、観客と対面する予定。5つのセクションに分けられ、テーマ別に映画上映が行われる。まず「フードストーリー・イン・ムービー」セクションでは、劇中に美食(グルメ)に関するストーリー作品が観覧できる。開幕作の『めんたいぴりり』をはじめ、『家族のレシピ』(2019)、『完璧な他人』(2018)、『プロヴァンスの休日』(2014)を上映。昨年他界した女優、樹木希林の追悼展も開かれ、『日日是好日』(2018)など三作品を上映する。



▲「ムービーダイニングBFFFチョイス」セクションで上映される『Little Italy』。

 「ムービーダイニングBFFFチョイス」セクションでは、映画を観覧し、シェフや専門家と食文化について話ができる機会もある。『Little Italy』(2018)、『グリーンブック』(2019)などを上映。21日『Beautiful Food』(2018)の上映後、チョ・ソンギュ監督、主演のイム・ウォンヒさん、グルメ評論家のファン・キョイクさん、フードフィルムフェスタの運営委員長がグルメ話を繰り広げる。

 映画の上映前後にはグルメクラス「フードテラス」も開かれる。22、23日の映画『The Birth of Sake』(2015)の上映後、韓国人の日本酒ソムリエによる特別講演が行われる。『日日是好日』(2018)の上映後、表千家のチョ・ウンジャ茶道講師と日本の茶道体験もできる。この他、食の社会学的意味について考える「フードインサイドムービー」セクションもある。

 野外広場には、野外上映作品を見ながら食事ができる「ポットラックテーブル」も。開幕式・フォーラムは先着順で、無料。一般上映作は7千ウォン、映画観覧込みのフードテラス利用は2~3万ウォン。バーベキューゾーン、フードセラピーゾーンは2万5千ウォン。チケットは映画の殿堂ホームページ(www.dureraum.org)か、会場で購入可能。同イベントの詳細は釜山フードフィルムフェスタの公式ホームページ(www.bfff.kr)で確認できる。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.