asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] G-STAR2018、過去最大規模で開催 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
G-STAR2018、過去最大規模で開催
[発行日]  2018-11-14 오후 12:00:57

▲ゲームイベント「G-STAR」が、11月15~18日、釜山のべクスコで過去最大規模で行われる。写真は昨年のG-STARで観覧客が会場に押し寄せている様子。


「国際ゲーム展示会のG-STAR2018(以下ジースター2018)」が、今月15日から18日まで、釜山の展示場、べクスコで開催される。同イベントでは一般の観覧客対象であるBTCだけではなく、ビジネスのための展示会であるジースター2018 BTBも行われ、15日から17日までの1日短い日程で行われる。

ジースター2018はゲームを通じて希望とビジョンを共有し、一つになるという意味を込め「Let Games be Stars(ゲーム、私たちの星となる)」というスローガンを掲げている。

今回のジースター2018は単純な遊びの場ではなく、韓国の未来を担うコンテンツとして脚光を浴びているゲームを、余すところなく公開する場になると見られる。昨年は35カ国から676の媒体が参加し、計2857ブースで開かれた。今年は36カ国から69媒体が参加、計2966ブース(BTC館1758ブース、BTB館1208ブース)で構成される。

ジースター2018では、過去なかなかお目にかかれなかった海外企業の参加が発表されており、注目を集めている。代表的な企業として、ジースターのメインスポンサーであるエピックゲームズ。近年ゲームの国際市場で目覚しい成果を上げている、マルチプラットフォームバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」を引っ提げ、観覧客を迎える。

韓国の国内企業も超大型の新作を引っ提げて、ユーザー集めに乗り出す。「ジースター常連」のネクソンは、今年単一では最大規模の300ブースを設け、さまざまなオンライン・モバイルゲームを通じて観覧客を迎える。ネクソンは自信作として挙げた、多人数参加型ゲーム「TRAHA」と「パラメナラ:ヨン」「クレイジーアーケードBnB M」など、自社のゲームを活用した新作をはじめ、計14種(モバイルゲーム11種、オンラインゲーム3種)のラインナップを構築している。

カカオゲームズの「カカオバトルグラウンド」と「フレンズレーシング」、PUBG株式会社の「バトルグラウンドモバイル」もゲームユーザーの間で高い人気を集めており、多くの観客来場が見込まれる。

ジースター組織委員長のカン・シンチョル氏は「ゲームと関連したさまざまなイベントとコンテンツを通じて、ジースターが総合ゲーム文化フェスティバルとしての確かな地位を築けるよう、努力していく」と話した。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.