asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 干支の戌にちなんだテーマ展、釜山博物館で - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
干支の戌にちなんだテーマ展、釜山博物館で
[発行日]  2018-02-06 오후 3:25:36

今年の干支の戌にちなんだテーマ展「人間の旧友、犬」が釜山博物館(南区)である。同博物館の干支にちなんだ展示は2007年から毎年開かれ、今年で12回目。毎回、干支の動物に関連した伝統文化や民俗を紹介してきた。展示は館内の「東莱(トンネ)館」2階の西ロビーで、2月9日から7月1日まで。無料、月曜休館。

釜山市無形文化財第20号の木彫刻匠の靑苑(チョンウォン)僧侶が制作した「木彫十二支神彫像(犬)」をはじめ、犬を描いた朝鮮絵画や犬をテーマとした現代版「歳画」(新年の祝いに王が臣下に与えた絵)作品など約10点が紹介される。

*写真は、青苑僧侶の「木彫十二支神彫像(犬)」(左)と、朝鮮時代の画家・李厳(イ・アム)の「母犬図」(国立中央博物館所蔵、複製)。(釜山博物館提供)

 






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.