asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 5月の連休は“恐竜の国”固城へ - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
5月の連休は“恐竜の国”固城へ
[発行日]  2017-04-26 오후 5:08:06

昨年の「慶南固城恐竜エキスポ」のメーン会場として使われた慶尚南道固城(コソン)郡会華(フェファ)面「唐項浦(タンハンポ)観光地」が、政府の「春の旅行期間」に合わせ、4月29日から5月15日まで休まず営業する。
 
360度の円形スクリーンが圧巻の5D立体映像館では、四方から恐竜が飛び出してくるような感覚が味わえる。エキスポテーマ館「ダイノトピア館」で上映される4D映像「星になった恐竜」も人気だ。

マナティーやドイツのジャイアントウサギ、ルリコンゴウインコといった世界の珍しい動物を展示する「ディノアクアリウム」や唐項浦マリンランド、ヨットスクールなどの周辺施設も運営する。フェイスペインティングや恐竜カップ作りなどの体験イベントもある。

5月5日のこどもの日にちなんで、5、6の両日午前11時から、恐竜の人形劇や仮面劇、伝統芸術団の演技などが披露される。

期間中、「唐項浦観光地」へは、普段の半額の一般3,500ウォン、中高生2,500ウォン、子ども2,000ウォンで入場できる。

近くの「固城恐竜博物館」も5月1日と8日を除いて週末も開館する。恐竜の化石などが展示され、恐竜の誕生から絶滅までの歴史を学ぶことができる。入館料は一般3,000ウォン、中高生2,000ウォン、子ども1,500ウォン。

5月5日は、唐項浦観光地も恐竜博物館も無料で入場できる。

*写真は固城恐竜博物館(固城郡提供)






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.