asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 旬の味を楽しんで「カタクチイワシ祭り」21~23日 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
旬の味を楽しんで「カタクチイワシ祭り」21~23日
[発行日]  2017-04-21 오후 2:55:45

春恒例の「第21回機張(キジャン)カタクチイワシ祭り」が4月21日から23日まで、機張郡の大辺(テビョン)港周辺で開かれる。身が肥えて脂が乗った旬のカタクチイワシを味わえる絶好の機会だ。
 
カタクチイワシは冬、比較的温かい外海で過ごし、春に韓国沿岸にやってくる。この時期、機張沖でとれるカタクチイワシは体長10~15センチ。暖流性魚種なので朝鮮半島南海岸で年中とれるが、4月から6月のものは脂がのって身が柔らかく、一番おいしいとされる。

機張のカタクチイワシ目当てに大辺港を訪れる観光客は、年間100万人に上る。

カタクチイワシ祭りは4月21日午前11時、伝統楽器を演奏しながら練り歩くパレードで始まる。生カタクチイワシ・特産品コーナーや、海産物マジックショー、文化公演などが続き、午後7時、開幕式がある。

22日と23日には、網からカタクチイワシを振り落とす作業や、漁業指導船の乗船・運航、魚のつかみ取り(▼写真)、ワカメ採取といった様々な体験イベントがある。会場近くの大辺小学校では、生活工芸や凧揚げ、エアーロケットなど、子ども向け体験イベントもある。

期間中毎日、正午から1時間、カタクチイワシの刺身が無料でふるまわれる。夜は明かりが灯った港の独特な雰囲気も楽しめる。3日間、花火ショーもある。

機張郡は22日と23日、東海線オシリア駅から大辺港までシャトルバスを運行する。

*上の写真は、昨年のカタクチイワシ祭りの様子(機張郡庁提供)






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.