asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 院洞で春の祭り、相次ぎ開催 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
院洞で春の祭り、相次ぎ開催
[発行日]  2017-03-02 오후 3:31:47

慶尚南道梁山(ヤンサン)市院洞(ウォンドン)面では、3月の1カ月間、セリ、イタヤカエデ、梅をそれぞれテーマにした三つの祭りが相次いで開かれる。

「第3回清浄セリ祭り」は1日から月末まで、ハンポ、ソンジャン両マウルである。初日の1日はハンポマウル会館前で、清浄セリの試食販売会を開く。
 
院洞のセリは、清浄地域の地下100mからくみ上げた地下水を使って育てる。夜は畑に水を張り、昼は水を抜くという方法で、無農薬で栽培する。他地域のセリより味や香りがよいと人気が高い。
 
サムギョプサル(豚三枚肉)やタレを持参し、所定の場所代を払えば、会場でセリとサムギョプサルの焼肉を食べることもできる。韓国では、セリとサムギョプサルは相性がよいと、よく一緒に食べられる。イチゴや梅シロップ、マイタケ、イタヤカエデの樹液、リンゴといった院洞の特産物も、市中価格より安く販売する。

3日と4日は、ペネコル広報館で「第12回ペネコル・イタヤカエデ広場」というイベントが開かれる。イタヤカエデの樹液の試飲会や早飲み大会、パンソリ(民俗芸能)公演、のど自慢など、観光客が参加できるイベントもある。

▲昨年のイベントで開かれたイタヤカエデの樹液の早飲み大会(梁山市提供)

院洞のイタヤカエデの樹液は、“嶺南(ヨンナム)アルプス”と呼ばれる神仏山(シンブルサン)のふもとで採取する。カルシウムやカリウム、マンガン、マグネシウム、鉄などが豊富に含まれ、全国的に品質が高いことで知られる。

18日と19日には「第11回院洞梅祭り」がある。「梅の香りヒーリングコンサート」や市立合唱団のコンサートなど、多彩な公演やイベントが予定されている。

メーン会場は院洞橋遊休地。院洞駅から会場に向かう道沿いでも公演やフリーマーケットが開かれる。

*上の写真は、以前の院洞梅祭りで満開の梅をバックに写真を撮る来場者(梁山市提供)






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.