asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 粉青沙器の展示会、クレイアーク金海美術館で - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > EVENT
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
粉青沙器の展示会、クレイアーク金海美術館で
[発行日]  2017-02-21 오후 2:35:18

金海(キメ)を代表する粉青沙器の多様な美しさが楽しめる展示会が開かれている。

「クレイアーク金海美術館」のドームハウスで8月13日まで開催中の企画展「粉青、その自由な精神」だ。同美術館は、世界初の建築陶磁専門の美術館として、2006年オープンした。

展示は「導入部:粉青情景-情緒をかきたてる」と「パート1:物我一体-自然とひとつになる」、「パート2:花鳥風月-生動を吹き込む」の3部門からなり、粉青の美しさと優れた作品性を紹介する。地域の作家2人を含む計9人の作品約200点が展示されている。
 
クレイアーク金海美術館のホン・ヒジュ展示担当者は「導入部は風景、パート1は自然、パート2は草や木、月などの自然の細部がテーマになっている。散策するように会場をのんびり回って鑑賞してもらいたい。作品に癒される気分を味わえると思う」と説明する。

*「粉青、その自由な精神」展=クレイアーク金海美術館ドームハウス、8月13日まで。観覧10時から18時(入場は17時まで)、毎週月曜日休館、入場料一般2千ウォン、問い合わせ055-340-7009

*写真は、展示中のチェ・ソンジェ作家の作品(クレイアート金海美術館提供)






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.