asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 水営江に「リバークルーズ」が登場 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
水営江に「リバークルーズ」が登場
[発行日]  2020-11-12 오후 2:07:30

▲今月7日に運航を始めた水営江観光のためのヨット「リバークルーズ」(写真提供=海雲台区)。

 釜山広域市海雲台(ヘウンデ)区と水営(スヨン)区の中心部に沿って流れる水営江(スヨンガン)で、観光型ヨット「リバークルーズ」の運航を開始した。

 11月8日、海雲台区は「APECナル公園から出発し、センタムシティと民楽水辺公園一帯の景色を楽しめるリバークルーズの運航を始めた」と明らかにした。一回の乗船人数は20名まで。今月7日から開始し、毎日午前11時から午後10時まで1日8回運航する。APECナル公園を出発後、水営江の瓜亭橋(クァジョンギョ)近くで回航し、民楽水辺公園を経て再び船着場のある公園に戻る。1回の運航時間は約50分。昼間は水営江とセンタムシティの景色が楽しめ、日没後は「映画の殿堂」の夜景やAPECナル公園内の美術オブジェなどを鑑賞できる。

 リバークルーズ事業は海雲台区が韓国の文化体育観光部から支援を受け、昨年6月から本格的な運航準備を開始。海雲台区庁長のホン・スンホンさんは「これまで海雲台エリアの観光は海に限定されがちだった。リバークルーズが、水営江の美しさを再確認できる新たな観光資源になることを期待している」と話した。

 利用料金は昼間と夜間で異なる。昼間大人2万5000ウォン(約2370円)、夜間3万ウォン(約2840円)。小中高生はそれぞれ2万ウォン(約1890円)、2万5000ウォン(約2370円)。幼稚園、保育園などの未就学児はそれぞれ1万5000ウォン(約1420円)、2万ウォン(約1890円)。乳幼児は無料。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.