asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 釜山の名所紹介で知られる日本人ユーチューバー、名誉市民に - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
釜山の名所紹介で知られる日本人ユーチューバー、名誉市民に
[発行日]  2019-03-20 오전 11:32:14

 釜山で評判の店や名所探訪を扱うユーチューブチャンネル「わぼいそ釜山」を運営する、昆雅之代表(46)が釜山市の名誉市民となった。

 釜山市は釜山のPRに寄与した功績を認め、昆代表を名誉市民に認定したと明らかにした。釜山市庁で今月12日に行われた認定式では、呉巨敦(オ・ゴドン)釜山市長が昆代表に直接市民証と記念品を贈呈し、感謝の意を述べた。昆代表は2015年に設立した釜山在住の日本人による非営利団体「ぷさんさらん」の代表として、さまざまなボランティア活動や日韓文化交流を行っている。養護施設でボランティアを行う一方で、彼らに日本の伝統遊びをはじめとする文化を伝えるなど、精力的に活動している。

 「わぼいそ釜山」は、釜山在住の日本人留学生をはじめ、さまざまな職種を持ったメンバーで構成されたユーチューブチャンネルだ。チャンネル登録者数は3万人に達する人気チャンネルで、現在アップされている動画は300本以上。彼らは祭りなどのイベント会場に足を運び、生放送を行ったり、伝統市場の利用方法や韓国でチキンを出前注文するコツなどを撮影し、紹介している。

 中でも最も高評価を得ているのは地元で評判の店を回る「食レポ」だ。コプチャン(牛の小腸)、カムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋料理)、ティッコギ(慶尚南道発祥の焼肉料理)、テペサムギョプサル(薄切りサムギョプサル)など、釜山在住者ならではの穴場の店紹介が評判を呼び、日本人のみならず韓国人からの評価も高い。チャンネル登録者数の大半が韓国人であるほど。

 昆代表は「釜山の名誉市民に選ばれたことは誠に光栄なこと。今後もさまざまな交流活動で、大好きな釜山をPRしていきたい。また今年上半期に"ぷさんさらん"の社団法人も立ち上げる予定」と話した。

 呉市長は「釜山在住の外国人名誉市民109名が、見えないところで釜山の価値やイメージアップに貢献してくれている。釜山に愛情を持って接していただいた昆代表に心より感謝し、今後も釜山の発展のため、力強いサポーターとなってほしい」と述べた。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.