asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 海雲台マリンシティの夜景が韓国観光地100選に初選出 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
海雲台マリンシティの夜景が韓国観光地100選に初選出
[発行日]  2019-01-17 오전 11:09:05

香港の夜景と度々比較され、多くの人に知られつつある釜山市海雲台(ヘウンデ)区内にあるマリンシティ(写真)が、韓国観光100選に初選出された。

韓国文化体育観光部は、韓国観光公社と共に2019~2020年の代表観光名所「韓国観光100選」を選出し、昨年12月31日に発表した。韓国観光100選は韓国人が必ず行くべきおすすめ観光地100ヵ所を二年に一度選定し、国内外にPRする事業として今回で四回目となる。

釜山ではマリンシティの他、太宗台(テジョンデ)、甘村(カムチョン)文化村、海雲台海水浴場、チャガルチ市場、松島(ソンド)海水浴場の計6カ所が100選に選出された。慶尚南道(キョンサンナムド)では昌寧(チャンニョン)郡の牛浦(ウポ)沼や晋州(チンジュ)城、陜川(ハプチョン)郡の海印寺(ヘインサ)、南海(ナメ)郡のドイツ村、巨済(コジェ)市の風の丘、同市の外島(ウェド)ボタニア植物園、統營(トンヨン)市のスカイラインリュージュの7カ所が選出された。蔚山(ウルサン)市では太和川十里竹(テファガンシムニデ)の森と、嶺南(ヨンナム)アルプスが選ばれた。

釜山の太宗台の場合、2013年に初選出以降四回連続の選出となり、注目を集めた。太宗台と共に四回連続の選出となったのは、昌寧郡の牛浦沼、陜川郡の海印寺、晋州城など。

韓国観光100選は選出された100ヵ所の評価に加え、自治体の推薦、ビックデータの分析などをもとに、予備候補の場所を含め2倍近くの観光地を選出。その後予備の候補地を対象に一次市民評価、二次現場評価、三次最終選定委員会の審議を経て決まる。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.