asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 釜日映画賞が釜山国際映画祭期間中、べクスコで開催! - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
釜日映画賞が釜山国際映画祭期間中、べクスコで開催!
2018年を代表する人気スターに間近で会える
[発行日]  2018-09-21 오후 5:35:30

▲釜山日報DB・聨合ニュース(写真提供)

韓国最初の映画賞である釜日映画賞が10月5日に発表される。「釜日」は主催する釜山日報社の略で、韓国国内で最も公正な映画賞として知られている。同映画賞の受賞式は今回で27回目を迎え、毎年2千人以上の観客を動員している。

第27回釜日映画賞授賞式は来月5日午後5時30分から、釜山のべクスコオーディトリウムにてミュージカル俳優イ・ゴンミョンとアナウンサーのムン・ジエの司会で行われる。授賞式開始前の午後4時50分からは、前年度受賞者のハンドプリントとレッドカーペット、フォトセッションなどのイベントも。

今年の釜日映画賞授賞式は、1、2部に分けて行われる。1部は午後5時30分から7時10分まで約100分間で、主要部門の受賞式。過去1年の間に優れた興行成績を残した作品と、特に際立った活躍を見せた俳優が登場する。


▲映画『工作』

最優秀監督賞はイ・チャンドン監督の『バーニング』、チャン・ジュナン監督の『工作』、ファン・ドンヒョク監督の『南漢山城』、キム・ヨンファ監督の『神と共に』がノミネートされた。どの作品も完成度が高く、注目を集めている。


▲映画『南漢山城』

主演男優賞は『1987』のキム・ユンソク、『工作』のファン・ジョンミン、『バーニング』のユ・アイン、『メリークリスマスミスターモー』のキ・ジュボンがノミネート。主演女優賞は『アイキャンスピーク』のナ・ムニ、『小公女』のイ・ソム、『ヒストリー』のキム・ヒエ、『リトルフォレスト』のキム・テリ、『萇山虎』のヨム・ジョンアがノミネートされている。

助演男優賞は『毒戦』に出演し昨年急逝したキム・ジュヒョクをはじめ、『毒戦』のパク・ヘジュン、『工作』のチュ・ジフン、『バーニング』のスティーブン・ヨン、『1987』のチョ・ウジンがノミネート。助演女優賞は『毒戦』のジン・ソヨン、『ヒストリー』のキム・ソニョン、『Jamsil』のホン・スンイ、『毒戦』のイ・ジュヨン、『魔女』のチョ・ミンスがノミネートされている。


▲映画『1987』


▲映画『バーニング』

この他にも新人監督賞、新人男優賞、新人女優賞、脚本賞、撮影賞、音楽賞、美術賞などの部門がある。

授賞式終了後、2部ではアーティストによる公演が行われる。歌唱力に定評のある歌手ソン・スンヨン、ラッパーのビジ・ジュノフローが授賞式のステージを盛り上げる。観客が静かにコンサートを楽しめるよう、ミニコンサート形式で行われる予定。釜日映画賞授賞式と合わせて楽しめるので、一石二鳥だ。

釜山MBC放送局とインターネットポータルサイトのネイバーは、第27回釜日映画賞授賞式を当日生中継する。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.