asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 西面、「弘大(ホンデ)を超える若者文化の街」に - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
西面、「弘大(ホンデ)を超える若者文化の街」に
[発行日]  2018-07-27 오후 2:52:49

居酒屋やカフェ、クラブなどで溢れている釜山の西面(ソミョン)が、若者文化の中心地として生まれ変わるべく動き始めている。

釜山市の釜山鎮(プサンジン)区庁は、西面一帯4.5キロ平方メートルを「西面青年文化特区」として造成するべくマスタープランを樹立中だと26日明らかにした。釜山はもちろん、韓国全体で特定地域が青年文化特区に指定されるのは史上初のことだ。

西面青年文化特区の中心地は、西面1番街に建設予定の「KT&Gサンサンマダン」だ。KT&Gが800億ウォンを投じて地下5階地上12階建ての規模で西面1番街を建てる予定だ。規模はソウルの弘益大(ホンイクデ)に位置するサンサンマダンの倍以上。

他に釜山鎮区は地下1階、地上5階規模で「青年文化ハーブセンター(仮称)」をオープンする計画だと明らかにした。現在釜山鎮区庁所有の公用駐車場を敷地として活用し、国費と私費など40億ウォンの予算を編成し、早ければ2021年にオープンする計画だ。

ロッテデパート釜山本店に位置する「トゥドゥリムセンター」も西面青年文化特区の造成に一役買うようだ。昨年8月にオープンしたこのセンターには、文化展示空間(ギャラリー)や青年起業家のためのポップアップストア、コミュニティー空間などが造成されている。

ソ・ウンスク釜山鎮区庁長は「ソウルの弘大を超える若者文化の中心地を作り、若者たちが持つ能力と才能を西面で思う存分発揮できるようにして行きたい」と話した。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.