asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 世界自閉症啓発デー、釜山で青色ライトアップ - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
世界自閉症啓発デー、釜山で青色ライトアップ
[発行日]  2018-03-29 오후 2:38:35

4月2日の「世界自閉症啓発デー」に合わせ、自閉症に対する社会の理解と共感を高めるため、青い光を灯すイベントが釜山でも行われる。1日の日没後から正子まで、広安大橋と荒嶺山(ファンニョンサン)の旧送電塔、映画の殿堂、南港大橋の4カ所が青色にライトアップされる。青色の光は、自閉症の人がもっとも安らぎを感じる色とされる。

国連は2008年、毎年4月2日を世界自閉症啓発デーと定めた。全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みの一つとして、アメリカのエンパイア・ステート・ビルディングやカナダのナイアガラの滝、エジプトのピラミッドなど230カ国の約7千カ所のランドマークを青くライトアップする「Light it up blue! キャンペーン」が行われている。

韓国では2016年から、ソウル市の市庁やロッテワールドタワー、仁川市の仁川(インチョン)大橋、昌原市の馬昌(マチャン)大橋(写真)などでライトアップが行われている。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.