asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] ダイソー、釜山に韓国最大の物流センター建設へ - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
ダイソー、釜山に韓国最大の物流センター建設へ
江西区「国際産業物流団地」に・・・2019年完成目指す
[発行日]  2017-06-20 오후 2:07:28

韓国で均一価格の生活用品店「ダイソー」を運営する「㈱大創アソン産業」(以下ダイソー)が、釜山に韓国最大規模の物流施設「釜山ハブ物流センター」(完成予想図)を建設する。物流能力の拡大や、商品の即時供給体系の構築、輸出入の前進基地の確保を図る。ダイソーは1992年に韓国1号店オープン。現在、全国1,180店舗で生活用品約3万品目を扱う。

物流センターは、江西(カンソ)区美音(ミウム)洞の「国際産業物流団地」に、1,950億ウォンを投じて建設予定。敷地面積は7万3,696㎡、建物面積は10万5,000㎡と、サッカー場23面分に相当。韓国最大規模になる見込みだ。釜山新港や空港、鉄道など周辺の物流インフラが整っていることが、立地選択の決め手になったとされる。

ダイソーは2012年、京畿(キョンギ)道龍仁(ヨンイン)市に「南四(ナムサ)物流ハブセンター」を建設したが、釜山のセンターはこの約1.6倍の規模になる見込み。今年10月に着工し、19年下半期の完成を目指す。

物流センターは、釜山地域の企業にとっても新たなビジネスチャンスになると期待される。ダイソーは、この物流センターを中心に、釜山地域の協力会社と共に新商品を持続的に開発したいという考えを表明している。センターは国内外の輸出入商品の前哨基地としての役割も果たす見込みだ。

ダイソーのパク・チョンブ会長は「ダイソーの未来成長の基盤となる釜山物流センターが完成すれば、約700人の新規雇用を生み出し、2020年までに地域の協力会社が約200社に増える見込みだ」と述べる。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.