asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 韓国の海苔、対日輸出で過去最高値記録 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
韓国の海苔、対日輸出で過去最高値記録
[発行日]  2017-05-19 오후 3:25:22

最近、日本で開かれた海苔の入札・相談会で輸出契約が過去最高値を更新するなど、韓国の海苔の輸出が急増している。

「第23回対日海苔輸出 入札・相談会」が5月17日、東京で開かれ、出品された韓国の板海苔の全量450万束(1束100枚)を含む計525万束の輸出契約が結ばれた。契約金額は4千万ドル(434億ウォン)と過去最高値を記録。2015年の同会では129億ウォン、16年は236億ウォンだった。昨年1年間の日本への海苔の輸出額は909億ウォンで、今回の434億ウォンはその約半分にあたる金額だ。
 
日本の海苔関連の5団体と入札・相談会を共同主催した韓国水産貿易協会のペ・ギイル会長は「アメリカの保護貿易主義の拡大やTHAADに対する中国の報復措置など、対外的に厳しい貿易環境の中でも、日本企業27社が参加しており、韓国の海苔に対する関心の高さがうかがえた」と述べた。協会側は今年、海苔の輸出額が初めて4億ドルを超えると見込んでいる。

今年、日本への輸出が増えたのは、日本や中国の海苔生産量が例年より大幅に減少し、日本が国内の需要に対応しきれなかったことや、日本の厳しい衛生基準を満たすよう韓国の原藻の衛生面が強化されたことが、影響したとみられる。

*写真は、「第23回対日海苔輸出 入札・相談会」で、出品された韓国の海苔を見ている日本の海苔輸入商社の関係者(韓国水産貿易協会提供)






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.