asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 80両の貨物列車、試験運転成功 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
80両の貨物列車、試験運転成功
[発行日]  2017-05-19 오후 2:14:52

韓国鉄道公社(KORAIL)は、貨物列車80両を連結して走らせる技術を開発したと、5月18日発表した。現在の33両連結を80両に増やすことで輸送量は2.4倍に増え、輸送効率が大幅に良くなる見込みだ。

KORAILによると同日、釜山新港駅~進礼(チルレ)駅(慶尚南道金海市)区間で、韓国内で最長の貨物列車試験運転に成功した(写真)。

40両以上の貨物列車の牽引には機関車2両が必要となる。2両を貨物の先頭と最後尾にそれぞれ連結し、先頭の機関車が後ろの機関車を無線で制御する先端技術を導入した。これまでは機関車1両につき貨物列車を最大33両連結して運行していたが、3月17日からは一部で40両を連結していた。
 
80両の貨物列車は全長1.2kmに及ぶ。他の列車の運行に影響を与えないよう、主に深夜の時間帯に、釜山新港駅と五鳳(オボン)駅(京畿道義王市)の間を運行する予定だ。KORAILのホン・スンマン社長は「列車が長いからといって速度が遅いわけではない。所要時間は33両連結の場合とあまり変わらない。今後は、貨物列車の中間にも機関車を配置し、100両以上を連結して運行する計画もある」と説明する。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.