asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 新空港~海雲台、地下高速道路建設へ - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
新空港~海雲台、地下高速道路建設へ
[発行日]  2017-03-24 오후 3:49:17

「金海(キメ)新空港」と海雲台(ヘウンデ)を結ぶ大深度高速道路(地下50m)の建設が推進される。完成すれば市内の交通に革命的な変化をもたらすと期待されている。2026年の開通が目標。

釜山市によると、沙上(ササン)区甘田(カムジョン)洞と海雲台区松亭(ソンジョン)洞間の金海新空港高速道路(22.8km)を建設する民間投資事業が最近、政府国土交通部に提案され、関連手続き中だ。当該区間を地下で結ぶ大深度高速道路で、「GS建設」が提案した。事業費は2兆ウォン。全区間走行時の通行料は2,400ウォン程度になる見込み。

民間投資事業者側は、2021年の着工、金海新空港開港予定の2026年完工を目標とする。開通すれば、南海(ナメ)高速道路と釜山蔚山(ウルサン)高速道路が1本につながり、金海空港から海雲台までの所要時間が現在の1時間20分から、30分台に短縮される見込みだ。荒嶺(ファンニョン)トンネルや広安大橋、萇山(チャンサン)路など周辺道路の交通量も約30%減ると予想される。

高速道路の出入口は、沙上(ササン)、鶴章(ハクチャン)、チニャン、市民公園、BEXCO、佐洞(チャドン)、松亭(ソンジョン)、機張(キジャン)の8カ所に設置される予定。釜山市は道路開通にあわせ、既存の東西(トンソ)高架道路(沙上~チニャン交差点区間)を撤去する計画だ。

大深度道路は深さ30~60mの地中にトンネルを掘って建設する。土地補償費が不要で、関連手続きも比較的簡素なのが特徴。これに先立ち、釜山では初めてとなる大深度事業が、2011年から万徳(マンドク)~センタム区間(9.55km)で進められている。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.