asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 金井山城の四つの門に命名 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
金井山城の四つの門に命名
[発行日]  2017-03-21 오후 3:59:31

韓国最大規模の山城「金井(クムジョン)山城」の四つの門に、築造314年にして名前がつけられた。これまで、東門、西門、南門、北門と呼ばれてきた四つの門の楼閣に、歴史的な意味を込めた名前を刻んだ扁額がかけられる。

金井区は昨年12月、文化財庁と釜山市文化財委員の12人からなる諮問委員会を立ち上げた。四つの門の候補名を三つずつ決め、2月17日から10日間、インターネットなどでアンケートを実施した。
 
調査に応じたのは釜山市民1,649人で、東門は「関海門」(45.0%)、西門は「海月門」(67.1%)、南門は「鳴海門」(47.4%)、北門は「洗心門」(70.9%)という名前がそれぞれ多数の意見で選ばれた。

東門の「関海門」(クァンヘムン)は、東を見張って倭寇から海を守るという意味だ。西門の「海月門」(ヘウォルムン)には、洛東江(ナクトンガン)の美しい景観と、船路をたどる先人たちの叙情的な情緒を込めた。南門の「鳴海門」(ミョンヘムン)は、金井山の上鷄峰(サンゲボン)を鶏に見立て、海の向こうの倭寇に向かって鶏が羽ばたきながら鳴き声をあげるという意味だ。北門の「洗心門」(セシンムン)は、金泉の精気で心を洗う門という意味が込められている。

扁額に刻む文字は、金井山城が築造された1703年の『朝鮮王朝実録』から必要な文字を集める「集字」方式で構成する予定だ。

金井区は、扁額一つに300万ウォン、計1,200万ウォンの予算を投じる予定。完成した扁額は、5月に西門の補修工事を終え竣工式を開く際に公開する。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.