asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] 河東郡の空気を詰めた缶、5月発売へ - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
河東郡の空気を詰めた缶、5月発売へ
[発行日]  2017-03-08 오후 1:36:29

智異山(チリサン)のふもとに位置する慶尚南道河東(ハドン)郡の新鮮な空気を詰めた缶が、5月から販売される見込みだ。

河東郡は3月6日、カナダの「VITALITY AIR INTERNATIONAL」社と「空気の缶詰」の生産に向けた合作事業の投資契約を結んだ(写真)。同社は空気の缶詰の生産・販売会社。ロッキー山脈の新鮮な空気で「酸素の缶詰」を生産し、中国に輸出している。
 
同日、河東郡のユン・サンギ郡守と、同社のTroy Paquette副社長、VITALITY AIR KOREAのファン・ビョンウク代表、SLバイオテックのイム・スンヒ代表が、投資契約書にサインした。

VITALITY AIR INTERNATIONAL社は全体の出資額の50%、河東郡は40%、SLバイオテックは10%を、それぞれ出資する。生産設備の製作など運営資金として、VITALITY AIR社が10万ドル、韓国側が12万5千ドルを投入する。

河東郡は3月中に、空気を缶に充填する機械など生産設備をカナダから取り寄せ、現場に設置する予定だ。発売は5月の見込み。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.