asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] ホテルの韓流マーケティング、観光業界にも影響 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
ホテルの韓流マーケティング、観光業界にも影響
[発行日]  2017-01-24 오후 3:51:23

ロッテホテル釜山の韓流マーケティングが、日本人観光客誘致に大きな役割を果たしている。

ロッテホテル釜山は1月21日、アイドルグループ「CNBLUE」のファンミーティングを開いた(写真)。ホテル開館20周年を記念して企画されたもので、日本各地から約1千人のファンが参加した。一行は20日に釜山入りし、2泊3日の日程で個別に観光やショッピングなども楽しみ、22日に帰国した。
 
2012年に始まった同ホテルの韓流スターマーケティングは今年で6年目。韓流スターと広報モデル契約を結び、毎年、釜山とソウルで各モデルのファンミを1回ずつ開いている。2012年のチャン・グンソクとBEAST、カン・ジファンのファンミには、1,945人の日本人ファンが参加した。その後も毎年、2千人近い日本人が釜山を訪れている。特に、中東呼吸器症候群(MERS)により外国人観光客が急減した2015年も、防弾少年団やVIXXなどのファンミに約1,700人が訪れた。

今年は過去最高の約3千人が釜山入りする見込みだ。CNBLUEやカン・ジファン、TEEN TOP、BAPなどが計6~7回ファンミを開く予定だ。

ファンミは、ロッテホテル釜山だけでなく、釜山地域の観光業界にも大きな影響を及ぼす。同ホテルによると、ファンミ目的で釜山を訪れる日本人のうち、同ホテルに宿泊するのは45%。55%は他のホテルを利用し、2泊3日の日程中、釜山の観光地を回り、ショッピングを楽しむ。






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.