asia gateway
loginmembership
add favoritesemail
[Busan AsiaGateway] UN世界水産大学、釜慶大に誘致 - 「釜山ㆍ慶南」 旅行ㆍ情報の窓口
全体 釜山 News FEATURE EVENT
 
News > 釜山News
twitter    facebook       拡大 縮小 プリント
UN世界水産大学、釜慶大に誘致
[発行日]  2016-02-22 오후 5:03:32

釜山市と釜慶(プギョン)大学は、国際連合(UN)の世界水産大学(WFUㆍWorld Fisheries University)の誘致に成功した。

政府海洋水産部は、国際連合食糧農業機構(FAO)の傘下機関である「世界水産大学」の立地選定のための公募で、名乗りを上げた釜山と忠清南道、済州の3地域を対象に審査した結果、釜山(釜慶大学)が最終立地として決定したと、2月19日発表した。
 
今回の審査で釜山(釜慶大)は、世界水産大学設立のための自治体の意志や財政、敷地、施設、支援計画、水産教育およびR&Dのインフラ、国際協力の力量、立地環境などで、他の2候補地を圧倒したと伝えられる。
 
これにより釜山はもちろん、釜慶(プギョン)大学の国際的な競争力が強化されると期待される。釜慶大学は、1941年に設立された「釜山水産大学」を母体とし、遠洋漁業の開拓など韓国内で最も長い間、海について教育、研究してきた“水産の宗家”だ。
 
今後、世界水産大学は、運営支援に関する特別法の制定や、2017年7月のFAO総会議決などの手続きを経て、2018年に釜慶大学大淵(テヨン)キャンパス内に開校する。

世界水産大学は開発途上国の力量強化のための世界レベルの大学院、大学だ。FAOと共同で、水産教育や技術訓練、制作立案および管理能力の開発、国際規範や主要イシューについての理解や対応力量の養成などを目指す。

現在、国際連合(UN)傘下の大学としては、スウェーデンの世界海事大学(WMU)や日本の国際連合大学(UNU)がある。世界水産大学は、水産分野で初めて設立されるUN傘下の大学だ。

釜山市は世界水産大学の新築費用として100億ウォン、運営費として年間35億ウォン、大学発展基金として50億ウォンなどを支援する。釜慶大学は大学の建設敷地の提供や、実験・実習の機資材、研究施設、実習船などを支援する。

世界水産大学の学部は、養殖技術と水産支援管理、水産社会科学の三つで、修士と博士を年間100人養成する。今後、需要があれば、学部や短期実務研修課程なども新設する計画だ。

教育対象は開発途上国の水産分野の公務員や研究者を中心とし、今後、生産者や企業など水産関連従事者へと拡大する。登録金(入学金)は免除され、生活費や奨学金も提供する。

世界水産大学の設立による経済的波及効果は、就職誘発効果1,300人に上ると見込まれる。キム・ヨンソプ釜慶大学総長は「教育支援を通して開発途上国の経済発展を支援することで、韓国および釜山のブランドを高めると同時に、韓国の若者の国際機構への進出の機会を拡大するなど、様々な効果が期待される」と述べる。

2011年に世界水産大学の設立を企画した釜慶大学は、釜山市と共同で極秘裏に釜山誘致を推進してきた。情報流出による隣接国家や韓国内の他都市との競争を避けるためだ。

釜山市と釜慶大学は2012年、釜山発展研究院の研究調査によって世界水産大学の設立方案を導き出し、海洋水産部に誘致を提案した。続いて、FAOや企画財政部との協議、政府の財政保証書および事業提案書のFAOへの提出、FAOと韓国間の相互協力意向書の締結などの課程を経た。

*写真は、釜慶大学に建てられる世界水産大学の建物予想図(釜山市提供)






[List]
 

Copyright ⓒ 2009 Asia Gateway All rights reaerved.